• 02 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 03
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07
23
(Wed)

キラリ夏号もうすぐ発売 

読者のみなさまお待たせしました!
梅雨もあけ、夏本番ですね。
この夏号は山陰の名庭・大特集です。
来週には順次書店に並びます。

*No31-Kirari-summer
2014.06
21
(Sat)

【告知】ソウゾウのちから展 

玉井詞さん主催のアトリエの子供たちの絵画展
「ソウゾウのちから展」が
7月18日から米子市美術館で開催されます。

この春頃、各地で出没したダイオウイカは、
「おもったより小さいなー」と感じていましたが、
「ああ、ダイオウイカとは、これくらい!クジラよりもでかい!
これこそダイオウイカ〜!」と感動を覚えました。

みなさんも是非、お子さんを連れて、見に行ってください!!

表2014ol
2014.04
14
(Mon)

編集後記☆竹田城 

山陰から飛び出して中・四国の城をめぐる、
大人の終日(ひねもす)キラリ旅。
4回目の今回は雲海で有名な

日本のマチュピチュ「竹田城」へ!

雲海が出る時期は
9月下旬〜4月上旬の早朝。時間は明け方から午前8時頃まで。

条件は
●よく晴れていること
●朝方と日中の気温の差が大きいこと
●風が弱いこと


取材日は雪の降り積もった、天気のよい日で、
萱野くんがすてきな写真をとってくれました。
本誌では紹介しきれなかったので、
グログで紹介。

写真スポットの立雲峡から、竹田城のある古城山を見下ろす。

F37A4502.jpg

雪の竹田城も幻想的です。
その下を流れる円山川から、雲海が発生するそうです


C99W3947 (1)

雲海の名残が少し見られます。。。

C99W3893.jpg


秋口は、ものすごくたくさんの人が登られるので、
冬に取材に行ってかえってよかったのかもしれません。
春には桜、夏には新緑、など季節を通じていろいろな表情が楽しめるので
みなさん、お好きな季節に行ってみてください。。。


2014.04
13
(Sun)

山陰発 ステキ!キラリ!山陰紀行 

【出演予告】

BSSラジオ

本日18:00〜20:00


山陰発 ステキ!キラリ!山陰紀行



今回は山陰の目利きの人、…ということで、
メインゲストとして、編集長が出演します!

「あらステキ、目が思わずキラ~ン!と輝く?!」

そんなとっておき情報をラジオでトーク。
みなさん是非お聞きください!


スクリーンショット 2014-04-13 6.59.51
2014.04
13
(Sun)

創刊十周年記念号、おまたせしました 

4月8日に創刊十周年記念号が発売されました。
すでに書店に並んでいますので
みなさま、よろしくお願いいたします。

*No30-Kirari-spring-B-outline

今回は十周年ということで、特別対談で編集長も顔出ししています

*30-060-061-対談1
2014.04
04
(Fri)

お知らせ 

【価格変更のお知らせ】
4月1日以降のさんいんキラリですが、本体価格800円は変わりませんが、定価は消費増税に伴い変更があります。税込864円になりますので、どうぞご理解のほどよろしくお願いします!
2014.03
14
(Fri)

ささら発行 

【最新号情報】
鳥取大学医学部付属病院と私たちさんいんキラリスタッフが制作している健康医療情報誌『ささら』4号を発行いたしました。
対談は、北野病院長✖︎森晶子さんです。地域医療の特集では、江府町を取り上げております。骨粗しょう症予防のストレッチもあります(^^)!
身体や健康のことを考えるきっかけになれば嬉しいです。
フリーペーパーなのでお気軽に手に取ってみてくださいね。
《主な配布先》
鳥取大学医学部付属病院、今井書店、BookYard、ブックセンターコスモ、ブックセンタージャスト大田店、OUランド、華水亭、全日本ホテルなどです。

«  | ホーム |  »
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。