• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2008.06
17
(Tue)

水無月のころ 

もう6月も半ばとなりました。
6月末であったキラリの発行が延びて…7月半ばの発行予定まで猛ダッシュ
取材は山場を迎えています。
今週で大物取材は追え、あとは広告取材とポロポロ取材のみです。

連日の甘味取材で…体型がふくよかになり…。
しかし、これから執筆&編集に入ると夜更かし&ストレスでゲッソリ?やせる予定です(笑)

今回の取材で思ったことは…
甘味に関しては、石見地方には甘味処が少ないということ。
反対に鳥取には鯛焼きや大判焼などを売っている店が多いこと。
そして、全体的に昔ながらの甘味屋がなくなってきてることです。
その土地の文化、そして時代の流れを感じました。

そういえば!昨日撮影に行った甘味屋さんでの話…
「キラリ」がお店に置いてあったのですが、それを見た女性のお客さんが蕎麦特集を見て「ここに行った」とか「ここに行きたい~」とか話をされていました!
嬉しいですね
『実はこの撮影もキラリなんですよぉ~』と言いたかったのですが、常連さんなのでしょう。
次号のキラリを見られたらビックリされますよ!きっと

キラリの和~どんどん広がっていってほしいです

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク