• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2008.06
05
(Thu)

牛乳革命 

連チャンで取材に行っております~。
昨日は1件!でも中国山地に向って3時間走ります
邑智郡邑南町にある「カフェミューイ」というジェラート屋さんへ行きました。

カフェミューイ


最近、情熱大陸にも出演された「シックスプロジュース」の牛乳から作られたソフトクリームやジェラートが食べられます。
ソフトクリームはあっさりしていて、牛乳そのものの味が楽しめます。
おっと!勘違いしないでくださいね~牛乳そのものがあっさりしているのです。
牛乳のラベルには「消えてしまった古代日本の牛乳~春の自然放牧牛乳~」とあります。
納得
牧場

写真にあるように、中国山地の山の中の自然に生えている草を牛ちゃんたちは食べるのです。
寒さや暑さをしのぐ牛舎もありません。雨が降っても雪が降っても、暑い日でも牛ちゃんたちは牧場にいるのです。
言わば、野生に近い状態です!
そして、牛の乳は子牛に与えられ、その残りを人間が飲む牛乳として「いただく」。
なので、一頭から8リットルしか人間にはもらえません。
なんて貴重な牛乳なのでしょう

四季も移り変われば牛の状態も変ります。そうすると自ずと牛乳の味も変わります。
なので「春」の牛乳なのです。

牛乳
(搾乳小屋にて)

お父さんと意気投合した取材班は、絞りたての牛乳までいただきました!
(もちろん、お決まりの牛乳飲みポーズで
ほんのり温かくてあっさりしていておいしい~~~!

これが本当の「恵み」ですね

コメント

 

どうもおつかれさまでした!
あらあら、ジェラート食べてる私。
しぶい顔をしてますが、これは美味しいサイン。

美味しいと変な顔になっちゃうみたいです。


牛乳の正しい飲み方ポーズは、正面むかって堂々とやらねばなりませんでしたね。ほほほっ。

明日もよろしくお願いします。

明日の取材 

明日は豆腐と卵のすぃ~つですよ!
たくさん味わって来てくださいね。

追伸:もっと美しいこなべさんを撮影できるように頑張りますe-94

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク