• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04
17
(Wed)
*27-90-91-yasugi-01

小説家・塩見佐恵子が旅するシリーズ「あなたに会いたくて」は春号で27章。今回は塩見さんの故郷、島根県安来市伯太町と広瀬町の紹介です
写真
まだ肌寒さの残る3月、塩見さんのお国入り。自身の故郷取材ということでまずは近藤安来市長にご挨拶、その後広瀬町にある月山富田城跡に向かった。前半は、尼子氏の居城として中世の山城跡がほとんど手つかずに残っているというこの城址を散策し、城主の考えや有り様、往時の想いをめぐらし尼子氏縁の地を紹介します

100-101-hakuta-06.jpg

後半は塩見さんの故郷、安来市伯太町を紹介します。NHKドラマ「ゲゲゲの女房」で一躍有名になった武良布枝さんの生家、飯塚家がある大塚を訪ねます。大塚は、秋に渡来したコハクチョウで賑わい、春は菜の花やチューリップに彩られた能義平野の一角にあり、幕末から昭和の中頃までは地元有志が集まって人形浄瑠璃を楽しむしゃれ者の町でした。そんな大塚にある飯塚家で布枝さん手作りの干し柿を味わいながら塩見さんの若きし頃のお話で盛り上がりました。その後、塩見さんの生家へ向かった取材陣、いったいどのようなところだったんでしょうか? 乞うご期待ください!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。