• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12
24
(Sat)

おでんと鍋 

こんにちは。
キラリ冬号が16日に発刊になり
早くも1週間すぎました。

みなさん、ピンクのかわいい表紙の号は
ご覧いただけましたか~?

今日は「おでんと鍋」特集について・・・

023おでんと鍋扉ol

寒い冬にはやっぱりおでんと鍋ですね。
家族や気の合うお友達と楽しく過ごすには
鍋を囲むのが一番・・・

とはいえ、おでんや鍋を外で食べる機会ってありますか?
ご近所の主婦仲間と忘年会どこでする~?
という話になった時、

「鍋はいいわ…」

(いらない方の意味…)

という声が数人からあがり、ドキッ・・・。

一生懸命、
鍋特集の編集をしている時期でしたので
がががーーーん。です。

たしかに一般主婦は鍋やおでんは家で食べるもの
せっかくたまーーに外で食べるならもっと他のものが食べたい!!

今、市販の鍋のスープの元もいろいろありますからね、
納得の意見です。

が、
今回キラリで取材させていただいた
おでんや鍋はご家庭では決して真似のできないものも多いのです!


kankokuC_20111224142703.jpg


こちらは
キラリ編集長が米子市夜見の韓国食堂に訪れると
必ず注文するサムゲタンです。
コラーゲンたっぷりの鶏スープに
朝鮮人参、ニンニク、ナツメなどが入り
特に女性に人気のメニュー

コラーゲンと言えば…


wakamatuya_3988.jpg

スッポン。それも天然を食べさせてくれるのが
津和野の若松屋さん

wakamatuyaA.jpg

写真だとリアル過ぎでしょうか・・・
実際にいただくと丁寧な調理により
臭みやクセも抜けて、スッポン本来の風味を味わうことができる一品です。

天然ものなので、仕入れ次第で品薄になる可能性あり。
キラリに掲載するということで
若松屋さんが猟師さんにたくさんつかまえてくれるよう
お願いして下さっているそうです。
どうかキラリ読者のみなさまの為に
スッポンが見つかりますように!!!


osamuA_20111224142703.jpg

そして、浜田の居酒屋おさむのあんこう鍋。

仕入れるあんこうの大きさは実に
25~30Kgぐらい。
あんきもだけでも2キロはあるという。

うちの息子と同じ体重のアンコウ・・・

たしかに、このサイズのアンコウを
自宅の鍋でいただくのは
困難ですね・・・。


yamaichiA.jpg

松江はおでんのお店が多いですが、
その中でもキラリがおすすめするのはやっぱりやまいち。


さてさて、ここでは紹介しきれないので
あとは是非、
本誌をご覧ください!

それではみなさん

Merry Xmas!

そしてよいお年をお迎え下さい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。