• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11
30
(Wed)

米子「アーバンスクウェア 」 

111130_1426~02

昨夕まで続いたあったかなおかしな気候から、やっと木枯らし吹く初冬らしい寒さになってきました。本来なら今時に緑の牧草が食べられない牛さんたちも「今年もおかしな天候だな!」と思っているのか知らないが、無心に草を食べていました

111130_1333~010001111128_1403~010001

一度、気にいってしまうと続けざまに食べたくなるしつこい性格のわたし。前回ブログで紹介した「かき船」に昼食を食べに行ったところ、「準備中」の札が玄関にぶらさがっていました。カキフライ定食の思考になっている脳みそを急に変えることはできません。はらぺこ君はぐうぐう怒鳴り声をあげています。しかたなく「かき船」近所にあるニューアーバンホテル一階にある「アーバンスクウェア 」に入りました。ランチが人気の穴場的レストランです

111130_1335~010001

落ちついた店内は以外と広く、年配の常連客が遅めのランチをゆったりと楽しんでおられました

111128_1340~02

わたしは個人的には肉食というわけではないのですが、動物の本能にしたがって月に数度、「何があろうと、無性にお肉を食べたい!」という激しい欲望におそわれます。カキフライ定食の強烈な思考を消すには、強烈な肉食という「薬食い」が必要だと考え、「生姜焼き定食」を注文しました。お米が主食の江戸時代、冬の貴重なタンパク源として滋養強壮の名目で食べていた肉食は「薬食い」というそうです。詳しくは本誌夏秋号(22号)連載「みおごはん」か下記ブログを読んでみてください
http://miogohan.exblog.jp

111128_1341~01

前後の付け足しのようなサラダが多い中、このレストランの食材は新鮮で彩りも美しい。島根県飯南町産豚ロースの生姜焼きも目からうろこが落ちるような美味しさに素直に感服してしまった。脂身が少々苦手な吾輩の味覚にあったロースに甘めでコクのあるソースの味付です。ご飯&お味噌汁とも相性もよく食がすすみます。焼サバは付け足しのようなモノでしたが、これで800円とは! 絶妙なレスポンスにオススメできます

「アーバンスクウェア 」
鳥取県米子市中町28 電話0859-23-2211

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。