• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07
12
(Tue)

米子「カフェ・ド・ラペ」 

110711_1657~010001

何年も花を咲かせなかったクチナシが甘い香りとともに純白の花を咲かせていた今朝、何かよいことがおこりそうな一日です

110711_1344~010001

猛暑が続く日々、幾重にも重なりあった入道雲、だんだん綿菓子に見えてきた! 甘味がほしくなる

110707_1241~01

先日取材で伺った米子市新開にある「カフェ・ド・ラペ」で昼食を! この店店主の手作りケーキの味が忘れられず再訪。心地よい木漏れ日を感じながらガーデンテラスで玉子サンド&お好みケーキを注文、コーヒー付きで900円と良心的。しっとりとした上質の玉子とトマトの酸味が絶妙! シャキシャキレタスがトマトの水分を遮断し焼きたてパンの風味を保っています

110707_1302~01

わたしを魅了してしまったキャラメルソースをベースに焼き上げたカボチャのケーキ。お子ちゃま向きのマッタリとした甘みのケーキです


「カフェ ・ド ・ラペ」
鳥取県米子市新開7-5-28 電話0859-31-0151



110711_1906~01
110711_1912~02

七夕もすぎ、どこからかヒグラシが鳴きだした夕暮れ時、入道雲もどこえやら? コロコロ変わるこの時期の山陰の雲。”芸術写真の神様”として世界に知られた鳥取県赤碕町出身の塩谷定好もモノクロームを通してこれら空気の陰影を愛してやまなかった写真家、美しい光景である

コメント

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。