• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.06
22
(Wed)

出雲民藝紙工房と松江「西洋軒」 

110620_0915~03

鬱々とする蒸し暑い曇り模様の山陰、棟方志功縁の和紙工房の取材にでかけた

110620_0951~010001

松江市八雲町東岩坂にある出雲民藝紙工房前でミッチー&テツと待ちあわせ。岩坂は江戸時代末から紙漉きの里として栄えた小さな山間の集落

110620_1150~020001

出雲民藝紙工房は人間国宝・安部榮四郎氏の民藝和紙として知られ、民藝指導者の柳宗悦が「これだ! これが日本の和紙だ!」と称した。工房前の安部邸でお孫さんの信一郎氏にお話を伺うことに、玄関前にしつらえられたメダカの鉢が心和ませてくれます

110620_1132~01

安部邸は「出雲民芸館」として、河井炻次郎が設計を監修。棟方志功も完成のお祝いに、屏風、鴨居、襖という襖に23枚の絵を描き残した。3日にわたって棟方の熱き想いが埋め尽くされた2階のお部屋で信一郎氏に取材をするミッチー

110620_1127~010001

棟方は榮四郎氏を「紙の神様」と称し、榮四郎氏のために「紙の観音様」を描いた作品

110620_1123~010001

昭和37年、棟方夫妻が泊まった部屋の襖には鯉の絵が描かれている

110620_1117~030001110620_1122~010001

喜びあふれ想いの丈をぶつけて描いた鯉の絵。和紙の構成に上質なセンスを感じさせてくれる襖

110620_1153~010001

安部邸近くにある安部榮四郎記念館に場所を移しての取材、水田に囲まれたツバメ飛び交う長閑な集落内にあります

110620_1156~010001

2階の展示室には柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司、棟方志功、バーナード・リーチ、芹沢銈介作品など民藝指導者との深い交誼を通して集めることのできた数々の美術・工芸品・資料等が展示してある

110620_1200~01

棟方と安部氏との書簡、棟方の描いた屏風から襖絵、湯町窯で作絵した作品など多くの棟方作品が観覧できる記念館、一度行ってみてください

「安部榮四郎記念館」
島根県松江市八雲町東岩坂1754 電話0852-54-1745



110620_1257~010001110620_1257~020001

安部邸からお腹が「グウ~!グウ~!」と腹ぺこシグナルを轟かせながらの赤面取材、昼食はわたしのお気に入り洋食店「西洋軒のオムライス」に独断で決めた。松江市形原町にある山陰でも老舗洋食の「西洋軒」はクラシックな装いの店内

110620_1311~01

3代と受け継がれたトロリとしたチョコレート色のデミグラスソースのオムライス(800円)、昭和30年からリレーされた芳醇な味。具はシンプルに鶏肉とタマネギのみ、濃厚なソースと相性抜群! オススメします

「西洋軒」
島根県松江市片原町111 電話0852-22-3434



110620_1613~01

至福の昼食後は松江の事務所で打合せ、エフと初対面の成相さん(右)。今後エフに本誌営業として羽ばたく心得を指導していただきます。皆様、宜しくお願いいたします。そこに堀端で「縁の宿」を営む川角さんが現れ一緒に記念撮影、相変わらず多くの来客者でにぎわっていました

110620_1631~01

成相事務所から中海、大根島経由で事務所に戻る。宍道湖、中海と大きな湖に挟まれた松江、中海にも宍道湖のような風情が見られる。背後の島根半島の山並みの先が日本海です

110620_1718~010001

幾十の雲のスジが溶け合い墨汁を水面に垂らしたような曇り空、水墨画のよう!

110620_1917~03

夕方にはご覧のように! 明日は晴れるといいね!!




























コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク