• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.06
02
(Thu)

至福の焼き肉「又八」 

110531_0849~010001

夏服に更衣にはちと厳しい朝、今朝方まで続いた雨も小休止、しっとりとした庭先に雨粒の宝石が光り輝いていた

110531_1632~02

今朝の取材は米子市上後藤にあるインドネシア料理「バロンジャヤ 上後藤店」。テツとうさことお店で待ち合わせた

110531_1510~010001

優しい自然光が入り込んだバリ風しつらえの店内、買付家具や什器によってエスニックの薫りを引き立たせていた

110531_1504~020001

天井高のあるダイニングルームは開放的な居心地良い空間

110531_1603~01

日替わりランチ限定10食のピアットランチ(1100円)。コロッケ&ハンバーグ、コーンポタージュスープ、パン、デザート、コーヒーというお得な内容でお昼時には売り切れる人気メニューです。


「バロンジャヤ 上後藤店」
 鳥取県米子市上後藤6-8-16 電話0859-48-0888 



110531_1212~01

本誌シリーズ「ショコラ」を構成している松本さん(通称・大将)に新人エフを紹介する。彼女は米子市内で雑貨業を営んでいる。彼女は原稿〆切り破りの常習犯、新人エフがどのように対処するか見物です


110531_1941~01

夜は鳥取県東伯郡湯梨浜町にある「焼肉・又八」の取材

110531_1945~010001

吉田嬢と現地集合、山陰の黒毛和牛のみを扱った彼女行きつけの焼肉店。全国誌「サライ」でも掲載されたお店です

110531_2031~01

店主自ら選び抜いた上質の黒毛和牛特上ものや幻の肉の盛り合わせ、彩りが美しい!

110531_2032~01

手触りで肉の流れを感じながら手切りをすると歯ごたえの良い旨い肉になると語る店主は超高級ホテルで腕をふるっていた方、そのこだわりに納得である!

110531_2115~010001

取材終了後は皆でお食事タイム、次々とでてくる特上のお肉に懐具合を心配! が、この夜は我ら取材陣ためにお店側のふるまいと伺いチャッカリ君モードに切り替わる。しかし通常価格も安価で召し上がれる値段なのです

110531_2055~02

手でさわるとスッと脂が溶ける肉は最高の味を引き出すという。美味い肉にはタレは必要なし! 塩とレモンで堪能した。決して肉好きといえないわたしが人生で多量のお肉を食べた記念日となった。次回はお客として出戻ろうと思う!!


「焼肉 又八」
鳥取県東伯郡湯梨浜町はわい長瀬624-1  電話0858-35-3494


コメント

 

大将こと松本さんって、長田クラスの、あの松本さんかなあ?
だとしたら、とても懐かしいです。
お元気そうですね。
松本さんは才色兼備で男子の憧れだったから、僕も時々、思い出しています。
お元気そうで、本当に良かった。

焼肉又八は今年いっぱいで終了いたします。みなさま、ありがとうございました。 

又八です。いつも大変お世話になっており、誠にありがとうございます。この度はお知らせがございまして投稿させていただきました。実は「焼肉又八」は今年いっぱいで終了いたします。来年からは、「株式会社 鶴太屋」と「工房 又八」として倉吉市上井町に新社屋完成と同時に移転予定でございます。それに伴い焼肉部門は終了いたします。みなさま、永い間ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク