• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06
01
(Wed)
110530_0959~010001

昨日から続く雨模様、衣替えの季節にしては肌寒い。今日の取材は松江市玉湯町にあるコーヒー専門店「焙煎珈琲工房梢庵」

110530_1125~030001

取材陣は今号初登場のうさことテツとエフ。森高千里似とエフに言われルンルン気分! 先輩に対する処世術を理解しているところは合格です!

110530_1110~01

オムレツ・サンドイッチ・ポテトグラタン・サラダ、ドリンクのオムレツセット(800円)。ひつこくない甘さのトマトソースとマイルド味のオムレツ、サンドウィッチなど元コーヒーメーカー社員の店主だけあって、コーヒーに合った料理内容

110530_1121~01

人気メニューのデニッシュトーストにほうれん草とエッグベーコンをのせたオープンサンドイッチ(ドリンク付き750円)はモーニングからランチタイムに楽しめるセットメニュー

110530_1142~01

店主手作りのイチゴのシフォンケーキは2時から始まるおやつタイムメニュー(ドリンク付き680円)

110530_1146~010001

宍道湖の風情を感じながらコーヒーが楽しめる「梢庵」もこの日はこの通り、日和日の撮影をテツに依頼して次の取材先へ向かった


コーヒー専門店「焙煎珈琲工房梢庵」
松江市玉湯町林223-3 電話0852-62-9898



110530_1302~010001

午後からは松江市南田町にある「タパタパ基地」で打合せ

110530_1321~010001

玄関横に堂々と「喫茶店ごっこ!」と看板に掲げている料理ユニットの二人、キョンキョン。この店は「食で毎日を楽しくする」彼女たちの思いを実現させる基地

110530_1324~01

右のホンマキョウコさんの新連載が本誌次号から始まります。古くから伝わる郷土料理をご紹介します、お楽しみにしてください。若者を見るワカの目、ギラついています



110530_1440~01

最後の取材は玉造温泉にある「湯之助の宿・長楽園」、棟方志功縁のお宿。日本随一を誇るお宿自慢の大露天風呂

110530_1441~020001

広さ一万坪をほこる日本庭園は、皇族をはじめ幾多の文人墨客に愛されてきた

110530_1404~01

チェックイン・カウンターに飾られている棟方が長楽園のために描いた大和絵

110530_1549~010001

手タレに扮して料理撮影に参加するミッチーはこのお宿から合流

110530_1518~01

悪戦苦闘の中、ご覧の通り美しく撮り終えることができました。皆様も棟方が飛び込んだ大浴場を楽しんでみたらいかがでしょうか? 但し混浴です


「湯之助の宿・長楽園」
松江市玉湯町玉造323 電話0852-62-0111


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。