• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.04
23
(Sat)

春号とお好み焼の「えびす」 

76_77_abe.jpg

春号スペシャル・インタビューは人形作家の安倍朱美さん。2007年、宝鏡寺門跡創作人形公募展(京都)大賞受賞され、現在は「昭和の家族―きずな」をテーマにした個展の全国巡回展中。戦後の貧しさの中でも未来の蕾で夢ふくまらせている人々を人形を通して表現されています

110422_1628~02

安部さんのポートレート写真は本誌お馴染みの「池本喜巳」さん。池本さんも昭和から現在まで山陰を記録し続ける郷土の写真家。倉吉パープルタウンで池本さんの個展が現在開催中ですので、一度ご覧あれ!!

110422_1355~010001

今朝はどんよりとした春の雨模様、小鳥たちの春を謳歌するさえずりを聞きながら目覚めました。
今日の昼食は米子市道笑町にあるお好み焼き屋「えびす」。高校時代、足繁く通ったお店。お隣のレコード屋さんはなくなっていましたが当時の面影そのままの外観。元気なおばちゃん一人で切り盛りされている広島風のお好み焼き屋さんです

110312_1350~01

このお店の味がわたしのお好み焼の好みとなった広島風の豚ソバ(700円)
キャベツなどの具と小麦粉の生地、卵焼き、そばの旨み三重奏を甘みと辛味の加減が程良いソースで仕上げられたお好み焼き。わたしはマヨネーズをつけずに食べます

110422_1411~01

多量の野菜を甘辛のソースで炒めた焼きそばに目玉焼きのトッピングはこの店自慢の一品(600円)。

110422_1412~01

玉子の甘みが増幅されて至福の味に! 幸福を感じる一瞬です。
とにかく皆さん、食べてみてください!!
但し、おばちゃん一人で切り盛りされているので一見さんは昼時を外していかれる事をオススメします


えびす
鳥取県米子市道笑町1-39-1 電話0859-32-5212

コメント

広島風 

まだあったんだねえ。

広島風の店は、消防署付近にもあったような
気がする。

30年も前の話だけど・・・

 

ねこあたまさま
お返事ありがとうございます
米子消防署のことですか
今度リサーチしてみます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク