• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.03
10
(Thu)
110309_1300~01

今日は人形作家「安部朱美」さんの取材、これで吾輩の春号取材の最終日、後はうさこの浜田取材を残すのみとなりました。時折雨が降るあいにくの曇り模様、写真家の池本喜巳さんとお菓子の壽城で待ち合わせ、近くの食事処「苑」でランチミーティング

110308_1159~010001

わが家から近い食事処「苑」は米子市二本木、国道431沿いにある。店舗内外に山野草や骨董、陶芸など店主の趣向が反映されています

110308_1208~01

苑のお昼ごはんは限定12食、予約をいれておかないとすぐ完売してしまいます。12種のお漬物、白和え、豚角煮、胡麻豆腐、煮豆、柚子味噌、煮物、だし巻、揚げ物で1300円

110308_1208~02

久土で炊いたご飯に12種のお漬物、全て店主自ら育てた野菜を使用されています。一つ一つの素材を大切に体に優しくて美味しい苑の昼ご飯、丁寧な料理でわたしの大好きなお店です

110308_1241~01

食後は別料金で店主手作りのおはぎと珈琲を注文。砂糖を使わず和三盆と塩が隠し味のおはぎは口当たりがまろやかで甘さが残らない上品な味、至福の甘味とはこのことなのかな? 美味!!



110308_1603~010001110308_1603~020001

午後からは人形作家「安部朱美」さんの取材、米子市奈喜良の自宅兼アトリエへ向かった。現在安部さんは自身の全国巡回展のまっただ中で大忙し、ウサギの目をしてお相手していただいた。安部さんが産み出す人形達は表情が皆豊か、心の豊かな昭和の時代を感じませんか? 現代に必要な何かを思いおこされてくれました。

110308_1549~010001

近くの法勝寺川でポートレート撮影。この頃になると未来の安部さんの活躍を指しているように太陽も顔を出した

110308_1554~02

取材も終了し記念撮影、右から安部朱美さん、中央が池本さんで左が安部さんのご主人。安部さん夫妻の笑顔が素敵でした。忙しい中、ありがとうございました

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク