• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03
09
(Wed)
110308_2300~010001

今宵はどすこいお別れ会第二弾を米子市万能町にある「魚菜屋」さんで開催。ホテルアジェンダ駅前店裏にある小さな和食屋です

110308_1912~010001

四季の食材を丁寧な仕事でもてなしてくれる「魚菜屋」はリーズナブル料金でわたしのオススメ店。

110308_1923~01

付け出しは春の旬をむかえた魚貝と野菜のぬた和え

110308_1930~01

椀物は淡泊な鱈の白身に蟹の風味のつみれに品のある薄味仕立ての吸い物。二品目でお店自慢のこの味に一同期待大

110308_1939~01

店主自ら吟味した鮮魚のお造り

110308_1951~02

キタ~! 店主自慢の鯛のカブラ蒸し、絶品!

110308_2002~01

甘めの味噌に淡泊な白味のブリの田楽焼

110308_2013~01

白魚とゴボウ、野菜の天ぷら。さしげなく薄塩仕立てに揚げてあるところが嬉しい。おもわず日本酒を注文!

110308_2034~01

〆の玉子雑炊。素材の味を堪能できるように全体に上品な仕立ての七品にデザートで一人2500円。十分満足できる内容に一同大満足でした

110308_2254~02

左からデザイナーのアメンボ、イラストレーターのおすぎ、どすこいに「魚菜屋」店主の門脇さん、カメラマンの鉄。アメンボは除雪作業を急がせてこの日のために大山天上界から久しぶりに里に下りてきてくれた。名古屋に帰郷してからもキラリの手伝いをしてくれるどすこい、名古屋でも彼女らしく活動していただきたい。そんなことで二次会へ突入! 朝まで続いた飲み会でした


魚菜屋
米子市万能町198  電話0859-31-3288

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。