• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.03
08
(Tue)

至福の鶏料理と送別会初日 

110305_2121~010001

今朝から降りつづいたミゾレ混じりの冷たい雨も夕方にはやみ米子市角盤町にある鳥料理「さんぽう」へでかけた。今夜はキラリでもお馴染み「どすこいみどり」の送別会。三年間本誌の営業企画、販売など活躍してくれたどすこいが今月末に名古屋に帰郷することになりました

110305_2106~01

本誌連載「みおごはん」の関係者と一回目の送別会。左から「昔話から導く体と食」をテーマに毎号わかりやすく解説してくれる錦織先生、その献立を実践して紹介してくれる見尾先生と栄養士の高野さん、中央後ろが我らのどすこい

110305_1934~010001110305_1932~010001

地鶏を使った鶏料理専門店として知られる「さんぽう」は創業40年以上。元力士の店主自慢の鶏肉を使った名物のだんご鍋は至福の味です

110305_1931~01

編集疲れで体が血を求めていたので焼き鳥のレバーを注文、なかなかの美味!

110305_1930~01

オススメ料理の野菜と鶏肉の炒め物。誰も「どすこいの送別会」と気にもとめないかのように各自ばらばらに話が弾んでいった

13130_2.jpg

さんぽう名物のドライカレーは全国に知れ渡った味。野菜と鶏肉の水分と油分だけで仕上げているカレールーとまろやかな炒り卵ライスが絶妙! 錦織先生のお持ち帰り料理となりました

110305_2121~020001

結局、勝手に喋って食って終わったどすこいの送別会、又このメンバーで楽しめそうな予兆を感じた夜でした。明日の二回目はどうなることやら??


さんぽう
鳥取県米子市角盤町1-72  電話0859-22-5850

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク