• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.03
05
(Sat)

オトメ日和 第80話 

オトメ日和 第80話


覗き穴。
入りたいのは掘った穴。



素敵男子のお仕事帰りは、23時を過ぎることもしばしば。
実は、乙女、素敵男子が帰って来るまでのこの数時間がたまらなく好きでございます。
テレビ見放題!転寝し放題!!漫画読み放題!!!
ひとりの気ままな3時間!!!!

そろそろひとり遊びに飽きた頃、タタンッタン。リズムよく階段を駆け上がる足音が聞こえてまいります。
田舎育ちの乙女は何の疑いも抱かず、確かめもせず、ドアを勢いよく開けては叱られております。

この日も、「おかえりっ!!」とばかりにドアを開けた乙女。
目の前を通り過ぎたのは、お隣さんの旦那さん。「・・・・。すいません。」とっさの時、人は平凡な言葉を口にするのだと実感いたしました。
すぐ、また足音がしたので「もぉ~恥ずかしかったよぉ。」とばかりにドアを開けると、通り過ぎるは、お隣の奥様・・・。
水玉パジャマに首にタオルで佇む乙女。

人の噂が三度の飯より好きな乙女ではございますが、決してお隣さんの様子を盗み見しているわけではございません。
どうかどうか、お隣さんが「あらあら、新婚さんね。」とほほえましく思ってくださいますように・・・。



妄想はつきませぬ・・・。
だって乙女ですもの。
本日もよいオトメ日和でございました。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク