• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03
04
(Fri)

大田市の中華と森脇製陶所 

110304_0922~010001
110304_0900~01

今朝も小雪模様の山陰。月初めの金曜日はラジオ出演、放送局に到着すると天気模様を中継する武藤アナウンサーと出会った。お~寒!

110226_1255~010001

今日は島根県邑智郡にアトリエを構える「森脇製陶所」の取材報告。
暖かな日和にライターの矢倉さんとわが家で合流し一路石見銀山方面へ、Y字路が残る大田市内で昼食をとることにした

110226_1257~010001

昼食は大田市大田町大田大正東にある中華料理「桃源」。4年前の石見銀山特集取材の際、旨い中華店として中村ブレイス社長夫人にうかがい食べに行った懐かしい店

110226_1243~010001

旨い店だがオーダーして料理がでてくるのが非常に遅い、昼食時なのに誰もいない店内

110226_1301~01

旨い餃子のイメージがあり注文するが「今日はできない!」と店主に言われ、矢倉さんはチャーハンを注文、600円。しっかりと火が通ったチャーハンは少し甘めの味付けに

110226_1301~02110226_1302~01

わたしが注文した天津丼は中華スープの味付け、600円。倉吉の中華「天野」の味に似て旨い。しかし奥の厨房で私たちの料理を作っている間、待ちきれず一人のお客が帰っていった。この店での食事は「スペイン人になったつもりでゆったりと食べてくれ」と、店主の囁きが聞こえるようだ!

桃源
島根県大田市大田町大田大正東イ-442-7 電話0854-82-0040


110226_1454~010002
110226_1431~020001

我らも思った以上に時間をロスしてしまい急いで邑智郡へ、大田から石見銀山を抜けて1時間、何度も迷いながら「もりわき製陶所」の看板を見つけて安堵!! 遅くなった我らを温かく迎えてくれた陶芸家「森脇靖」さん

110226_1700~010001

ギャラリー&工房内であゆぞうが待っていてくれた

110226_1541~01

益田長石を使った森脇さんの作品、独特の肌触りで自然光によって紫にも黄緑の風合いの白にみえる

110226_1544~020001
110226_1544~030001

110226_1438~010001110226_1434~010001

110226_1444~010001

松江工業高等専門学校卒業後、陶芸の世界にはいった森脇さん。2000年から故郷のこの地に窯元を築かれた

110226_1431~01

作陶場からの邑南町の眺め

110226_1506~010001

焼がまに入る順番をまっている作品たち

110226_1613~010001

撮影終了後、紅茶をいただいた。その途端、「幸運が訪れる!」と、あつぞうが発狂!!
あゆぞう狂ったか?  

110226_1654~010001

彼女の器にはハートマークに見えるの鉄釉の黒、そこに太陽にも見える照明の光が映りこんでいた。興奮したあゆぞう! この「幸せのラッキー器」をお買い上げしてしまった。


森脇製陶所
島根県邑智郡邑南町岩屋1273-4 電話0855-83-2177

コメント

お詫びとお礼 

はじめまして。桃源店主の娘です。
少し前の記事ですが、たどり着いたのもご縁と思い、どうしてもコメントを残したく投稿いたしました。

3月のご来店、ありがとうございました。

せっかくお越しいただきましたのに、不快なお食事となってしまいましたこと、お詫び申し上げます。

桃源は、わたしの両親が営む店です。フロアで接客担当の母の病気療養により、現在は厨房専門の父一人でふんばって営業しております。(お世辞にも営業しているとはいえない状態ですが・・・)

ご覧いただいた経営状態のうえ、母の復帰も遅れており、この店もあと1~2年で閉店となる予定ですが、こうして取り上げていただき、記録に残ったこと、感謝申し上げます。

両親が、わたしたち姉妹を育てるために文字通り涙と汗で守りぬいた自慢の店です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。