• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.02
23
(Wed)

熱き心の浜田人(二日目) 

何と言っても旅の醍醐味は人との出会いである。それも極上の出会いであれば尚のこと美しき記憶として残る。今回の浜田取材ではそのような出会いの旅となった。
今朝は心地よい波の音で目覚める。宿泊の「国民宿舎 千畳苑」の目の前は美しい砂浜のオーシャンビュー。サーフィン・スポットらしく多くのサーファーが波乗りを楽しんでした

110219_1316~010001

最初の取材先はアクアス館長へのインタビュー

110219_1320~010001

若者が魅入っていたエントランスを入った最初の水槽「しまねの海・日本海」

110218_0944~010001110219_1334~010001

110218_0955~010001

巨大な水槽「神話の海」では、しまねの神話にゆかりの深いワニ(サメ)をシンボルに様々な種類の魚が泳いでいる

110219_1318~010001

育児のためパフォーマンスを休止していたシロイルカプールでは、運良く訓練中のシロイルカのバブルリングを観ることができました

110218_1102~020001

このパフォーマンスを観ると「よい出会いがある」「結婚できた」など様々な「幸せ」を運んできたことで「幸せのバブルリング」と命名しているそうです。西の出雲大社に続き東の「縁結びの聖地」として知られることでしょう

110218_1257~010001

昼食は浜田市相生町にある「うどんのいまだ」

110218_1304~01

肉好きあゆぞうは定番の肉うどん、わたしと塩見さんは鍋焼うどんを注文した

110218_1306~01

甘めの汁にコシのある平麺、美味しくいただかせていただきました

うどんのいまだ
島根県浜田市相生町3773-2 電話0855-23-2712

 
110218_1411~01

浜田の世界ブランド発見! 絶品のハチミツ・・・ 続く

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク