• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
21
(Mon)

四季のちゃんぽん 

110219_1254~01

作家「塩見佐恵子」さんと旅する人気シリーズ「あなたに会いたくて」も次号で21章、今回の旅路は島根県浜田市。エメラルド碧の海を眺めていると森鴎外の辞世の句を思い描いた「余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス」

110219_1436~010001

三日間、石見神楽を愛する熱き浜田人の取材を共にした塩見先生と浜田駅で別れ昨夜帰ってきました。皆心優しく情熱的な浜田人によって刺激を受けたわたしの身体は心地よい疲れとともに眠りにつくとことができました

110220_1701~010001

目覚めるとうっすらと春の薫りが! 春にはまだ寒い大気、玄関先の梅の花が咲いていました

110220_1536~01

花が一輪ごとに咲くことで暖かい空気をはこんでくるように大山には霞みがかかっていた

110220_1427~010001

今日の昼食は米子道を南下して日野町にある「味処 四季」へ。本誌冬号「日野路」で紹介したちゃんぽんの旨い店だ! 

110220_1406~01

季節の野菜がふんだんに入ったこの店自慢の「ちゃんぽん」は濃いめの味。疲れた時はこの味を欲してくる

110220_1407~01

ちゃんぽん小と焼きめしのランチセットを注文、1100円。この店の焼きめしはセオリーに反する柔らかい焼き上がり。米好きの我輩は何故か?この柔らかさが好み、旨い日野米を使っているのでだせる味だと思う。浜田市の中華屋さんでもこの味加減の焼きめしに遭遇し嬉しくなった


四季
鳥取県日野郡日野町野田277-8  電話0859-72-1586


110220_1433~010001

四季近くにあるオシドリ小屋へオシドリ愛護グループの森田さんに会いに行く。山間の根雨には雪がまだ残っていた

110220_1445~01

冬号「日野路」取材の際、お世話になっただけではなく本誌販売まで大いに貢献してくれたオシドリ愛護グループの皆様、思い出深い出会いができました。ありがとう!!

110220_1451~01

観察小屋では何組かの方々が望遠鏡で観察されていました

110220_1450~01

愛護グループの皆様によって守られているオシドリ達は旅の疲れを休めていました。昨年の取材時よりオシドリの毛並みが艶やかに見える。3月まで観察できるので、是非、行ってみていただきたい。 

明日からは浜田取材紀行をアップします

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。