• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.02
08
(Tue)
110207_1552~010001

今日は米子市上福原にある革工房「ミントチュレザー」にふらっと訪ねた。郊外の小さなビル、表通りから隠れるようにビル側面にあった入口を入ると猫君たちのお出迎え

110207_1551~020001110207_1543~010001

自身を人間と思いこんでいるような不思議な猫たちのわたしを見る目が「お前はだれだ!」と、話しかけているようにまなざしで睨まれる

110207_1551~030001

ショップと工房が併殺された小さな店内は殺風景な外観と違い店内はまるで宮崎駿監督の映画の世界。奥の工房では二人の職人さんが作業をされていました。使いやすそうなバッグとシンプルなブックカバーなどがきれいに陳列されていました

110207_1548~02

ミントチュレザー
米子市上福原3-8-7-102 電話0859-32-8650


今日の昼食は米子市東町にある「トラットリア ラ・リーベラ」。イタリアンの美味しいお店

110208_1303~01

米子税務署横にある小さなお店「トラットリア ラ・リーベラ」は以前Tokyo食堂があった場所に開店された。エントランスを入ると左手のカウンター越しのオープンキッチンと清潔感漂う細長い店内、ランチタイムということで満席になっていました。
110208_1304~01

前菜の盛り合わせ。濃厚なチーズとベーコンを包んだクレープに対してキッシュと青菜と椎茸は優しい味付けに

110208_1334~01

メインの鱈のソティーとお野菜、プチトマトのほの強い酸味に柔らかなカブの絶妙な味加減。絶妙な焼き加減の鱈のソティーも好きなのだが、何といってもお野菜の味が素晴らしい。

110208_1317~01

3種類ある本日のパスタからベーコンとキノコのクリームソースを選ぶ。チーズの風味とクリームソースが食欲をそそる味に仕上がっていました。前菜、パスタ、メイン、パンで1500円

110208_1349~02

この後、このお店で打ち合わせもあるのでデザートとコーヒーを別に注文。イチゴのセミフレッドはシャーベットになる一歩手前の不思議な食感にイチゴの酸味と甘みでほっぺがくっつきました、美味!!


「トラットリア ラ・リーベラ」
米子市東町119-2 電話0859-34-9237

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク