• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.01
29
(Sat)

米蔵のおにぎり 

110128_1519~02

昨日と変わり晴れわたった伯耆地方、地中深く冬眠している動小物も目覚めようとするかのような暖かさ。雪に埋もれ甘みをたっぷりと含んだネギも顔をだしました。
何故か今朝は体がだるい~ 冬眠していた感性が目覚めようとしているのかな~?

110128_1455~010001

今日の昼食、畑を見ていると自然のお米が食べたくなった。以前、どすこいが差し入れてくれた「米蔵」のおにぎり弁当を思いだし買いに行く。「米蔵」は米子市法勝寺町にある本町横丁名店外入口横にある古民家を改装した建物の一階右側。階段を数段登ったところに入口があった

110128_1454~020001

間口奥行きとも狭い店内だが古民家の暖かさと感じのよい店主スタッフの対応に居心地はよさそう! カウンター席と持ち帰りようおにぎりが並んでいた

110128_1432~01

おむすびセットを注文する。おにぎりは二つ自由に選べるとのことで店主オススメの鶏そぼろとうずら玉子のおにぎりと奈良漬にする。おかずに付いていた漬け物、だし巻き玉子、お味噌汁で550円。
肉団子、だし巻き玉子の味もお米を食べたくなるような味加減、そして店主のお母様の手作りの果実風味の酸味の漬け物が食欲をそそった

110128_1435~02

甘めに煮込まれた鶏そぼろとうずら玉子、お米とのあいしょうが抜群! これは米のことをよく理解したプロの味だ! 店主に尋ねると、案の定、本業は鳥取県琴浦町で米屋を商いされているとのこと。もらった名刺には五つ星お米マイスターの称号が 

110128_1438~01

今日のお米は船上山麓のブレンド米。奈良漬は素晴らしく旨かったが、お米とは別にいただきたかったな!
 
110128_1527~01

体がお米を欲していたので今夜の夕食用におむすびセットを持ち帰ることにする。奥から沖縄の塩を使った塩おむすび、十五穀(雑穀)おにぎり、時間がたつとモッチリとした食感に変わる塩おむすび、竹皮の保温性がもたらすのか、ブレンドお米のなせる技なのかわからないがこの日一番の味だった。
感じのよい店主から琴浦町の美食情報を聞き出しお店を後にする。「米蔵」は毎週金曜日だけ開店のチャレンジショップ。金曜日の楽しみがまた一つできました、ありがとう!


《おまけ》

110128_1952~010001

今夜は映画「レオニー」を観てきました。世界的な彫刻家「イサム・ノグチ」のお母様の自伝映画。映画のクオリティーはさておき、感慨深いものがありました。私生児として明治に生まれたイサム・ノグチ。日本でマイノリティとして生きイサムを芸術家に育て上げていく母の強さを描いた内容です

110128_2021~01

そして山陰人には興味深いことに同じマイノリティとして明治の同時代に生きた小泉八雲夫人とも深いつながりがある話。本誌でも今年度中に予定している小泉八雲特集内で紹介したい内容でした。女性の人権がまだ低かった時代に強く生き続け素晴らしい才能を持った子供を育て上げる、ドウス昌代さんが書いた小説を映画化されたものでした。興味のある方は一度読んでいただきたい一冊です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク