• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2011.01
11
(Tue)

苑の昼ごはん 

110111_1317~010001
110111_1317~020001

わが家の近隣も雪がだいぶ溶けてきたので昼食は近所の「苑」にする
米子市二本木にある苑は米子インターから431号を約1キロ、お菓子の壽城を過ぎてすし若二本木店横にあります。前でご紹介したように苑のお昼ごはんは限定12食、予約をいれておかないとすぐ完売してしまいます

110111_1326~01

今日のお昼ごはんは、13種のお漬物、白和え、豚角煮、胡麻豆腐、煮豆、柚子味噌、豆乳汁、だし巻、揚げ物。1300円
110111_1326~02

久土で炊いたご飯に13種のお漬物。全て店主自ら育てた野菜を使用されています。大根の柚子味噌とスティックセニョールよいう珍しい野菜のおひたし。スティックセニョールはブロッコリーとほうれん草をかけあわせたような食感で美味しい。

110111_1327~01

大根と油揚げの豆乳汁はあっさりとした素朴な味。

110111_1327~02

柚子味噌のごま豆腐、干エビの入った玉子焼き、豚の角煮。魚肉のすり身と豆腐を練りった竹輪にユバを巻いたオリジナル料理はわたしの大好物。

110111_1350~010001

山野草や骨董好きの店主の趣向が店内に反映されている

110111_1351~01
110111_1351~020001

店主手作りのデザートもおいしいですよ!

110111_1402~02

大山は完璧な雪化粧
北アルプス立山の風物詩、除雪された雪の壁は有名ですが、
アメンボも住み家から春にならないとでてこれないだろう!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク