• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2010.11
18
(Thu)

秋の珍客とそば 

取材も終わり編集期間にはいりました。
編集部屋にこもり昼夜逆転した生活に、仲間は仙人期間と例えます。
昼食が唯一の楽しみ
久しぶりに米子市和田町にある「そば処 大吉」へ

101118_1231~010001

お店は和田浜工業団地の住宅団地内にあり外観は普通の民家、
看板も小さいので注意していないと見落とします。

101118_1209~010001

店内は4人卓が四つのお座敷、10人位座れそうな大卓のお座敷の二部屋に分かれています
常連らしきお客で今日は満席

101118_1215~01

寒いので釜揚げを注文 500円
魚の風味(カツオかな?)が強いダシに、この地方にしては濃いめのつゆ
そばは出雲そばのように殻を挽きこんだ黒っぽく
喉ごしで食べるタイプでなく、そばの香りを食べながら感じる田舎そば。

101118_1215~02

この店オススメの「海老のにぎり」350円
私はこれが目当てで食べにきたようなもの。
甘めの酢がきいたやわらかめのシャリとぷりぷりの海老が絶妙な組み合わせ!
ふわふわタマゴも海老と喧嘩しないようにあっさり味
そばの風味を楽しめるように、シャリはやわらかめのほうが私もよいと感じた。

101118_1502~01

スタジオに戻り編集作業にとりかかる
突然、カメラマンの萱野君が奥さんと今年生まれた双子の愛児を引きつれて来社
父親似のかわいい愛児にわたしもおかっかなぶりで抱かせていただきました
こんな一時があると緊張感から解放されます。

101118_1503~010002

101119_1029~010001

101119_1031~010001

翌朝、内祝の袋を開けると素敵な桐箱に入った栗が
わたしの大好物を萱野君は知っていたのかな?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク