• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10
30
(Sat)

彫刻家・辻晉堂 

キラリ冬号取材も佳境
読者の皆様にお詫びがあります
次号予告の特集が「小泉八雲」になっていましたが、
今秋で郷土の彫刻家「辻晉堂」の生誕100年にあたるということで
特集「小泉八雲」から「辻晉堂」に変更することになりました。
期待していた皆様には大変申し訳ございませんが
来春号で「小泉八雲」の特集を予定していますのでお詫び申し上げます。

101030_0014~01

辻晉堂は鳥取県日野郡二部村(現・伯耆町)二部出身。(1910年~1981年)
昭和17年、院展出品の木彫が若くして第一賞を受賞、彫刻界に衝撃を与えた。
32歳の若さで辻は日本美術院同人に推挙され
「わが国の木彫界に将来をになう者は辻をおいてほかにいない」と激賞された。
戦中、郷里に疎開し松江美術研究所教授、日野農林学校教員となり
米子近郊に疎開中の芸術家と共に「麓人会」を結成する。
戦後、京都私立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)教授となり、
教育者として大学に変革をもたらし、作家としても近代彫刻の先駆けとなり
国際的に高い評価を受けた彫刻家。 昭和52年京都市文化功労者受賞

101030_0015~010001

101030_0018~010001

101030_0019~010001

101030_0024~010001


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。