• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2010.10
22
(Fri)

I Love 玉子 

忘れもしない、今から二十数年前、はじめて大阪市心斎橋にある
洋食屋「明治軒」のオムライスを食べてから玉子の魅力にとりつかれたわたし。
米子市朝日町に開店して約40年の寿司屋「大寿司」
ここの「だし巻き玉子」は、わたしの中の卵料理で五指にはいる美味しさ。

大鮨

はじめて「大寿司」ののれんをくぐったとき、
カウンターの向こうから鋭い眼光のご店主が迎えてくれた。
緊張しながら最初に注文したのはシメサバ。
あらためて山陰は鯵、鯖、コハダ等の光ものが素晴らしく旨い。
しかし、ネタケースの中で飴色のお焦げが眩しい「だし巻き玉子」が
「食べてくれ」とささやいる。 おもわず注文!

だし巻き

玉子は寿司屋のデザートとはこのことだろう!
ほんのりとカステラの香りと上質な玉子の甘みが渾然一体となった一品。
ということで取材させてもらうことになりました。

うさこ

さの

カウンターでご主人とお話しているのはうさこ。
撮影は、またしても佐野先生。
ふっくらと仕上がった穴子の握りは、ほっくりとして上質の味でした。

あなご









コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク