• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2010.06
11
(Fri)

オトメ日和 第75話 

君に向けた初めての笑顔。

なぁオイや
オイやオイやと
濡れ落ち葉


「オイやぁ。鯛まんじゅうアイス食べてもいいかいやぁ。」
定年後、晴れた日は畑仕事。
雨の日は、しおママの後をくっついて回るのが日課のしおパパ。
ちなみに、“鯛まんじゅう”とは鯛焼きのことで、松子ばあちゃんがそう呼んでいたことから、しお家ではコチラが主流でございます。
許可が降りた“鯛まんじゅう”にかぶりついたしおパパ。
「でもそれ…」
そう言いながら振り向いたしおママは大爆笑!!

しおパパは、レンジでチンする“鯛まんじゅう”をアイスだと思い込み、必死に噛み切ろうとしていたのでございます!
しおママが「アイスじゃあらへんでぇ。」と教えようと振り向いた瞬間の出来事に、ヒ~ヒ~床を叩きながら大笑いし、
「そうかいやぁ。甘ないなぁって思ったわいやぁ。」前髪をくりくりねじる癖をしながら、鯛まんじゅうをレンジに入れるしおパパを見たら益々可笑しく、お向かいの仲良し奥さんのもとへ駆け込み、2人してまたまた大笑い!!


それはそれは愉しそうに話してきかせてくれました。

カチンコチンに凍った鯛まんじゅう。
ラップにくるんでチンすれば、ほっかほか。


夫婦間だっていっしょ。いっしょ。
嫁入り道具にラップを大量に準備しなくちゃなぁ。

不器用な花嫁見習いは頬杖つきながらボンヤリと考えるのでございます。



妄想はつきませぬ…
だって乙女ですもの。
本日もよいオトメ日和でございました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク