• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
16
(Tue)

念願の大和ミュージアム 



またまた私事ですが、じめじめライブの打ち上げをひきずったままなんと呉にいます。

色々と寄道したので、ついたら昼でした。





呉にきた目的は、90PHOTOMALLの視察です。




88PHOTOMALLを暖簾わけさせていただいたのですが、また呉の商店街です
るフォトモールはまた違った趣きがあります。





道幅広く車の通行もあるので、安全かつ的確な位置にボードを置かねばな
りません。




呉の皆さんは民間でされていているので、少数精鋭な感じです。



近所のおばさん達も積極的にお手伝い!



我々は当たり前だと思っていたことが当たり前ではなく、行政のお手伝い
は本当に有難い事だなと思いました。

これを一から民間でされた呉は本当にすごいですね。





また、米子市文化課の皆さんの力もすごいと思いました。



感謝!感謝!!感謝!!!





そんな感じで視察はちょっと休憩で、念願の大和ミュージアムに行きま
す!





大和ミュージアムに3回チャレンジしましたが、玉砕!

一度目は、閉館時間ギリギリすぎてダメ。

ニ度目は、休館日。

三度目は、臨時休館日。

と、大和の厚い壁に阻まれっぱなしでした。

で、とうとう今日入ることができました。


予想通りの素晴らしさ。

大和が沖縄に向わなければ、今も残ってたかもと思うと残念でなりませ
ん。

大和を作った造船技術が今もなお活かされているのも素晴らしい事です
ね!



八八艦隊案(はちはちかんたいあん)というのがあったと知り、なんだか親近感が・・・

八八艦隊案は、大日本帝国海軍の海軍軍備計画。
八八艦隊整備計画の最終段階である。

八八艦隊wiki










大和ミュージアムから海を見てるとなんだか、ぽーっとなってきて、フォ
トモールの会場に戻らず折りたたみチャリで散策してみることにします。



尾道同様坂が非常に多く、入り組んだ地形は軍港に適してるんだなっと思
いました。



高台に立つと眼下にブロック工法のパーツがゴロッと転がってます。横に
ある軽トラとの大きさを比べるとそのデカさがわかります。





こんな重いものが浮くなんて、信じられません。






































やはり山陽の風景最高。


無心にシャッターを切ると6時の音楽が、、、

しまった、片付けが。

フォトモールに戻ってみると、片付け始めたとこでした。

90フォトモールの作品も非常にレベルが高いのでございます。




コチラの写真。境水道大橋だと思った方がいいのでは??

実は早瀬大橋です。広島県江田島市の能美島と呉市の倉橋島を結ぶ橋です。

参考HP

見れば見るほど地形まで、境港と美保関に似てます!

すんません作品を複写しました(^^;


あ、長くなりましたが片付けです。












私はお手伝い途中で失礼してしまいましたが、片付けは深夜まで続きます。

頑張ってずっと続けて欲しいものです。

負けるなずんちゃん!頑張れずんちゃん!!


どうしても夜の呉の写真が撮りたくて、夕方行った場所に行きます。


















今夜は福山に泊まります。

福山のホテルに着いたのは、0時半過ぎでした。。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。