• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
2008.02
21
(Thu)

キラリの家 

今日は…残り5件となったキラリ取材の一つ「キラリの家」の取材でした。

キラリの家とは…
キラリのNariai氏が施主さんとじ…っくり話をし、要望、好み…をチェック。
それを元に、施主さんに合う建築家を紹介します。
もちろん、施主さんのイメージが違っていた場合、建築家さんをチェンジすることも…。
家創りに関してNariai氏はプロジューサーでもありコーディネーターでもあります。
家は一生で一番大きな買い物ですから!

今日はキラリの家で建てた「長崎のW邸」の建築家・有光さんのインタビューでした。
有光さんは小柄な女性ですが、建築に対しては底知れぬパワーの持ち主!
とても素敵な家を設計されます。
キラリの家でもたくさんお世話になっている建築家さんの一人です。
どんなお宅かは…本誌をお楽しみに~。

長崎の家でお世話になったみなさん、おつかれさまでした!
さて「キラリの家」絡みで、この前嬉しいこと&ちょっと腑に落ちないことがありました。

嬉しいこと:
キラリの家で建てた松江市殿町にある「蔵々」がしまね景観賞優秀賞に選ばれました!
「蔵々」は複合店舗で、オーナーさんがされている食のお店「蜆や」、
そして海士町や島根のおいしいモノを販売しているチャレンジショップ「ぢげもん」が入っています。
(※ぢげもんにもキラリが売れてますよ!)

景観賞に選ばれた理由は、
松江城膝元の大手前通りの道路拡張で、失われる道や古い建物たち。
そんな中、拡張後に立てられた「蔵々」は名前のとおり蔵をイメージして創られました。
温故知新…ちょっと意味が違うかな!?(笑)
それが良かったんだと思います。
その案を出したのもNariai氏。

腑に落ちないこと:
しかしオーナーや建築家は賞にもマスコミにも取り上げられますが、「キラリの家」という大切なプロジュース業など目に見えない努力は取り上げられないし、評価されないですよね…。
「アイデア」って重要なのに…。

最近は広告賞~などという賞もでき、デザイン性も重要視されるようになってきましたが、
島根市場に出回る商品パッケージは…???

ひと時話題になった男前豆腐みたいなインパクトのあるものが島根から生まれたら、島根もおもしろくなるのに…と思います!

ちょっと固い話になりましたが…。
「さんいんキラリ」も地道に頑張っています!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク