• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09
25
(Thu)

「ぱーぷる」とは 

さすがですね!

瀬戸内寂聴先生

ケータイ小説に86歳でチャレンジです!

「ぱーぷる」はペンネーム。 (紫式部より→むらさき→「ぱーぷる」…だそうです。)

いつまでも好奇心をお持ちのようで、よっていつまでもお若いのでしょう。


実は瀬戸内先生には、キラリ6号「三徳山」特集を執筆していただきました!

そして、キラリの連載「あなたに会いたくて」の塩見佐恵子先生の師匠でもあります。

お会いしたことはないのですが、とても親近感が湧きます(勝手に…笑)


そして、私も瀬戸内先生のチャレンジ精神を真似して…

ケータイ小説の執筆はムリなので~
ケータイ小説も読んでみようかな~と思い…
本屋にまで行ったのですが…

買えなかった


でも、え?…あっ…そうか

本を買って読まなくても、ケータイ小説だから携帯で読むんだ…

しかし…未だ、読む勇気のないウサ子でした


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。