2014.04
14
(Mon)

編集後記☆竹田城 

山陰から飛び出して中・四国の城をめぐる、
大人の終日(ひねもす)キラリ旅。
4回目の今回は雲海で有名な

日本のマチュピチュ「竹田城」へ!

雲海が出る時期は
9月下旬〜4月上旬の早朝。時間は明け方から午前8時頃まで。

条件は
●よく晴れていること
●朝方と日中の気温の差が大きいこと
●風が弱いこと


取材日は雪の降り積もった、天気のよい日で、
萱野くんがすてきな写真をとってくれました。
本誌では紹介しきれなかったので、
グログで紹介。

写真スポットの立雲峡から、竹田城のある古城山を見下ろす。

F37A4502.jpg

雪の竹田城も幻想的です。
その下を流れる円山川から、雲海が発生するそうです


C99W3947 (1)

雲海の名残が少し見られます。。。

C99W3893.jpg


秋口は、ものすごくたくさんの人が登られるので、
冬に取材に行ってかえってよかったのかもしれません。
春には桜、夏には新緑、など季節を通じていろいろな表情が楽しめるので
みなさん、お好きな季節に行ってみてください。。。


2014.04
13
(Sun)

山陰発 ステキ!キラリ!山陰紀行 

【出演予告】

BSSラジオ

本日18:00〜20:00


山陰発 ステキ!キラリ!山陰紀行



今回は山陰の目利きの人、…ということで、
メインゲストとして、編集長が出演します!

「あらステキ、目が思わずキラ~ン!と輝く?!」

そんなとっておき情報をラジオでトーク。
みなさん是非お聞きください!


スクリーンショット 2014-04-13 6.59.51
2014.04
13
(Sun)

創刊十周年記念号、おまたせしました 

4月8日に創刊十周年記念号が発売されました。
すでに書店に並んでいますので
みなさま、よろしくお願いいたします。

*No30-Kirari-spring-B-outline

今回は十周年ということで、特別対談で編集長も顔出ししています

*30-060-061-対談1
2014.04
04
(Fri)

お知らせ 

【価格変更のお知らせ】
4月1日以降のさんいんキラリですが、本体価格800円は変わりませんが、定価は消費増税に伴い変更があります。税込864円になりますので、どうぞご理解のほどよろしくお願いします!
 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク