2009.02
28
(Sat)

京都取材:後編 

京都・河井寛次郎記念館の取材が7時ごろ終了~。
ピッコロちゃんから教えてもらった京都のお店にゆっくりと行く暇もなく…もう外は真っ暗。

夕食どうしよう…
駅周辺なら何かあるんじゃない?
ということで、京都駅へ行きました。

090226_1926~01
京都っぽくない?京都駅(笑)

こんなときに駅は便利ですね!
食事するところもお土産を買うところもありますから。


さて、早く帰らないと日付が変わる~~~
ということで、Sano運転手が好調な走り~
一方、ミスターもみっち~さんも疲れが出たようで、まったりタイムです。

途中、カヤノくんから「気をつけないと神戸にいっちゃいますよ~」とメールが!

しかし…どう転んでも神戸に行く要因はなく…
しっかり標識通りに行けば、ちゃんと山陰に戻れます…
なんでカヤノくん…神戸行ったんだろう??

Sanoちゃんと勝央のサービスエリアで運転交代だったのですが、
思ったよりSanoちゃんとSano号が元気だったので、
「蒜山で交代しよう~!」とそのまま続行

それが、運命の分かれ目だったとは…その時は誰も気がつかなかったのであります。

勝央のサービスエリアを過ぎたとたん、
給油のランプ点灯

「やばい~ガソリンがない~~」

  ええ~~~~~


090226_2304~01

みんな目が覚めるどころが、血の気が引く思い

「大丈夫~Eラインすぎても50キロは走るって~~」とSanoちゃん。

しかし、次の蒜山SAまで30キロ以上もあるんです…。
しかも、蒜山まで上り坂が多い。。。
カメラ機材に大人4人。。。
JAFに入ってないことも確認…。

車止まったらどうしよぉ~~~~

エアコン切ろう!
下り坂はニュートラルにしよう!
重い機材降ろす?? いやいや、まずミスターを降ろそう!!

などなど、マジ話と冗談をいいながら不安をふっ飛ばす4人

「大丈夫だって~、私の経験上、蒜山まで行けるよ!」とまたまた余裕のSanoちゃん。

そう言いながらも、下り坂にニュートラルに入れてみたりして…


その時、思い出したのです! ヘビの夢のはなし!!
ヘビさんたちが車を食べてしまうのか? それとも後押ししてくれてるのか?
それは全てミスターの日頃の行いに関係するのか~~??

結果、ヘビさんたちはとても良いヘビだったらしく
私たちを蒜山SAまで連れて行ってくれました~~。
   … ほっ …

一目散にガソリンスタンドに入ったSano号
1500ccの車なのに…満タン入れたら
   「50ℓ」 

20090226230733.jpg

ありえな~い、恐ろしい~~危なかった~~~ホント、良かった~~

すっかり目が覚めてしまった4人…ミスター宅まで、興奮冷めやらずで帰りました。

ウサ子、帰宅したのが12時過ぎ。
変な疲れがど~~~っと押しよせ…そのまま爆睡、夢の中へ…

やはり…何かが起こるキラリの取材。
普通には終わらしてくれないところがキラリなのでありまする~。

   …おしまい…


2009.02
27
(Fri)

京都取材:中編 

090226_1401~03

さて、昼一から「河井寛次郎記念館」の取材&撮影です。
今回は主に器の撮影

寛次郎の器はお高いので…
決して触らないミスター。
お茶の手ほどきがある、みっち~さんに運びはお任せです

090226_1502~01090226_1510~01
090226_1509~01

この金魚も寛次郎氏の作品だそうです。
だんだん「なまず」に見えてきます…

090226_1533~02

撮影用に借りた部屋が少し狭かったので、居場所がなく…
しかも寛次郎氏のお高い器に囲まれ身動きできない状態でした~
歩くのも、動くのも慎重…

そんな中、寛次郎氏の孫の鷺さんに、お茶を入れていただきました。
090226_1543~02
アップで見えにくい大福は「十二段家」の方からの差し入れです
京都では行列ができる「大福」だそうです。
塩味がきいている豆とあんこの甘さが絶妙です~。
ありがとうございました!!

090226_1543~01
またもや、みっち~さんのガッツリショットです


090226_1628~01
京都の町屋の中に登り窯があるなんて…。すごい!

090226_1635~02
釉薬が入っていた壺なんでしょうね…。
そして、なぜか賽銭が…。日本人の本能ですね!

090226_1636~01
中庭の撮影は、日待ちです。

090226_1709~01
ミスターが「ウサギ」と言っていた「こま犬」です!!

090226_1719~01
ろくろがある仕事場の撮影…。試し撮り最中なので、正面からお邪魔ショット

090226_1737~01
この言葉…身に染みますね~~~
日々精進!!

090226_1848~0001
ミスターと通称・モンブランちゃん?(笑)

ミスターがものすご~~~く気に入ったようで
「二人の写真撮ってよ~~」 と。
まるで彼女のようです!

5時間かかった取材は無事終了~
最後に寛次郎氏の娘・須也子さんと須也子さんの娘婿の敏孝さんとお話をしました。
なかなかお会いできないお二方に逢えて、京都までやってきた甲斐がありました!
とても素敵な方でしたよ。

今回の寛次郎特集は奥深いです!!
「民芸」を超え、「人」として…どうあるべきか…
考えさせられる取材でした。

  ・・・つづく・・・
2009.02
27
(Fri)

京都取材:前編 

090226_1128~01

昨日は河井寛次郎記念館へ2度目の取材です。
前回は同行しませんでしたが、今回は運転手…いやいや勉強ということで同行しました!
ミスターとみっち~さんと、Sanoちゃんと一緒です。

車中では、ミスターが
「今日変な夢みたんだよ~。
 車に乗ってたら、たくさんのヘビが車を追いかけてくるんだよ~。」 …と。

ヘビの夢って良いのか?悪いのか?
今日の取材の吉凶が夢に出てるのでしょうか??
初っ端から…ちょっと不安


Sanoちゃんと運転を交代しながら、無事、京都に到着!
取材までの2時間、さてどうする??
自称・京都が似合う男のミスター。
昼ごはんのお店を探しながら町をブラブラすることにしました。

090226_1127~01

「前回取材の鍵善良房で『くずきり』が食べたい~~~」と女性陣!
行ってきましたよ~。
ランチより甘味です

090226_1159~01
090226_1201~01

写真が下手で美味しさが伝わらないと思いますが…
透明感のくずきりに黒蜜をからめ、つるつる~~~といただきます。
ほどよく甘く…これが上品って言うのでしょうね。
美味しかったです!
みなさまも、ぜひ~~。

さて、取材時間まであと50分。
昼食食べる暇がないので、取材先へ行こうか? と言っていた矢先…
目に入ったこの看板!!
090226_1236~01

なんとも大正っぽくって味があるじゃ~ありませんか!
オムライスに目を引かれ「やっぱり昼食を食べよう!」と
横道に入ったところにある小さなカウンターだけのお店です。

090226_1213~01
冨士屋さんと言って、大正から続く昔ながらの洋食屋さんでした~。

090226_1215~01
取材の打合せをするミスターとSanoちゃん…真剣です!

みっち~さんとウサ子はオムライスの作り方をじ~~っと観察。

090226_1215~02

そして、待ちに待ったオムライス~~~。
シンプルですね! これが大正時代のオムライスです。
090226_1222~01
090226_1224~01

実はご主人の足元にあったストーブの上にグツグツしていた
デミグラスソースがとても気になり、てっきりオムライスの上にかかるものだと…。
デミグラスソースも食べたかった~~。いつか、また、きっと…

090226_1237~0120090226124353.jpg
 コスプレ舞妓さんとお三方の後姿。
                そして、みっち~さんに写していただいたウサ子です。

      ・・・つづく・・・
2009.02
25
(Wed)

安来の恵み:2日目 

今日もSanoちゃんと安来入りです

090225_1027~01

朝一は大正屋醤油さん。
今回の取材先は世代交代最中のお店が多く、
ここも若さん(昔風に言うと…)に対応していただきました。
蔵を新しく移転されたようで(上記)、作業しやすいように樽の口が2階フロアーになってます。
澄んだ山里の空気と醤油の匂いがマッチしますね


さてさて、今日のお楽しみ取材は「トリム」のオムライスです!
ミカンちゃんのブログにあったように、ミスターの大のお気に入り!!
今月はすでに5回くらいオムライスを食べに行っているようです

トリムに到着したのですが、時間が早かったので車中で待機!
そしたら、ミスターと同じような車がトリムに来ました。

「まさか~~ミスターだったら笑うよね~

なんて言ってたら…
まさか本当!!

「オレはオムライス食べに来ただけだから!取材よろしく」

え?? それでもキラリの編集長ですかぁ~~~

でも、それがミスターなのです。
オムライスだけ食べて、あっさりと帰ってしまいました
しかも、追加取材だけ述べて・・・・ちゃんちゃん


次は「若さん」つながりの清水羊羹・西村堂さんへ。

090225_1738~01

今回「恵み」でも紹介するわたべ牧場さんと「ようかんアイス」を開発されたそうです。
お味は…秘密(笑)
ぜひ、清水寺の西村堂でご賞味ください~


そして恵みの最終取材は焼き鳥屋の「鳥辰」さんです。

090225_1634~01

これがネギマ????
というくらい大きな串焼きです!
「ネギマ天」はネギマを串揚げにして、その上にタレと大根おろしとで食べます。
美味しかった~~~。
ボリューム満点なので、たくさん食べたい方にオススメですよ!!

今回の恵み取材はテキパキとこなし、スケジュール通り
無事に2日間終わったのであります~。

しかし…明日は休む暇なく京都へGO~~

カヤノくんの奥さんが絶賛する河井寛次郎記念館へ行ってきます~!
2009.02
25
(Wed)

ミスターの実態 

8709_convert_20090225082710.jpg

                 Photo by Sano
2009.02
24
(Tue)

安来の恵み:1日目 

090224_1305~01

「恵み」とは
塩見先生のシリーズ「あなたに会いたくて」の最終ページにくる、
特集地の食(特産物など)&食事処の紹介コーナーのことです。

1件の記事扱いが小さいため、
恵み10件の取材をいつも2日間でまわるスケジュールになってます。
1日5件…
そのタイトな取材をいつもSanoちゃんとウサ子で回ります。

今回の特集の地は「安来」。
松江のお隣の市なので近場です。

フレンチレストラン、お茶屋、料亭、蕎麦屋…を周り
最後は「サルビア珈琲」に行きました。

おいしい~~~。 この一言につきます!!

今日のバタバタ取材の疲れが吹っ飛びます

090224_1612~01

サルビア珈琲は安来のカフェロッソや松江のカフェ・VITAの兄弟さんのご両親のお店です。
取材でしたが、一ファンように珈琲の話やこだわりを聞き、
珈琲の入れ方のコツまで教わりました

090224_1609~01

サルビアのとりこになったウサ子
「サルビアブレンド」を買って帰りました。
そこのお店の珈琲の味を知りたかったら、「ブレンド」を飲めば分かるそうです。
なるほど!納得

これから始まるだろう、夜な夜な作業に、この珈琲で乗り切れそうです
2009.02
23
(Mon)

今日の取材 

山陰はグズグズした天気が続いてます。
取材なのに、困りますねぇ~。

今日は朝一で広瀬町の酒蔵さんの取材。
老舗の酒蔵で、趣がある建物が歴史を物語ります!
しかし、雨…。
建物撮影は出直しです


次に昼からは米子のミオ・ファティリ・ティクリニックさんの取材です。
人が体も心も元気になる源の「食」を見直す記事内容になってます。
今日はミオさんオススメの『一汁三菜』のご飯撮影でした。

キラリの取材班はミスターを始め、ピッコロちゃん、ライター・富士子さん、デザイナー・キリさん、
そしてSanoちゃんとウサ子…と大勢で詰め寄せました~。
普段取材は、だいたい3人行動なんですけど、初回の取材ということで気合が入ってます

090223_1248~01
MFC(ミオ・ファティリティ・クリニック)の奥さんをはじめ、栄養士のスタッフの皆さんです。
美味しいご飯写真が撮れましたよ
紙面になるのが楽しみです~。

そこで、ミスターに一言!
「ミホ」さんじゃなくて 「ミオ」さん です!
MFCのみなさん…失礼いたしました

090223_1519~01

続いて米子のイタリアン・マンジャーレさんの取材です。
オーナーさんがこれまたとても気さくな方で、
撮影の後、パスタをいただきながら色々な話をしました!

090223_1536~02

オーナーさんのお袋の味って「ブイヤベース」(上写真)なんですよ
セレブですねぇ~~。

子供のころには気がつきませんが、子供のころに体験したことや、味わった食などは
潜在意識で残ってるのでしょうね。
オーナーさんのブイヤベースのように~。
美味しかったです!

さて~明日から2日間、恵みの取材です!!
キラリで一番タイトな…そして一番食べる取材です
Sano&ウサ子コンビで今回も頑張って行ってきます

2009.02
23
(Mon)

まるできらりな旅 

















ミスターお勧めの、「河井寛次郎記念館」へ行きまして、寛次郎にふれてきました。



意外だったのが奥様。



寛次郎に触発され、
「カンジロウいい!」



↑「この陶片欲しい。」っとミスターにおねだりする始末。

寛次郎の器を見る眼差し...そう!ミスターの眼差しと一緒!

ふてきな笑みを浮かべてる・・・ん~あぶない!あぶなすぎる!

終始感動しっぱなしの嫁さんでした。






イノダコーヒーの本店に連れて行っていただきました。



イタリアンというナポリタン。

これまたミスターの大好物ではないですか!

キラリの取材のような一日でした。


その後おしゃれな北山の街をぶらぶらしながら、「きらきらひかる」という、先生お勧めの素敵なお食事をいただきました。

そして、帰路に着くのでありましたがなぜか、神戸に・・・。


道間違えた・・・(汗)

やっちまったなぁ~

帰宅 0:00


http://88.cameranokayano.com
2009.02
22
(Sun)

たまごと病人とラーメン 

~~つづき~~~

鳥取の次の取材はたまごが美味しい大江ノ郷さんです。
甘味特集時にスイ~ツショップ「ココガーデン」の取材でお世話になりました。
今回はピッコロちゃんの大のオススメで、大江ノ郷さんに猛烈アタック!!
大江ノ郷さんの魅力、そして商品の紹介~ということで伺いました!

090221_1505~01

ラーメンが消化不良のミスターは
「だめだ…こんな体で取材へ行くのは失礼だから、行ってきて~~」と。
体が寒いようで、環境に悪いと分かっていながらも…車の暖房をMAXにして置き去りに…。

さて、大江ノ郷はライターのさとみちゃんです。
昨年末に結婚されて、今日は旦那さま同伴!
キラリの取材って旦那さまがいても、お子様がいても全然OKなんですよ
家族の理解なくしては取材や編集はできませんからね

090221_1408~01
さとみちゃんとダーリン。お似合いの二人です

090221_1441~01
撮影時はミスター復活! Sanoちゃんとアングルの相談です~。

大江ノ郷さんでは、ピッコロちゃんが大ファンの小原社長さんにお話しを!
お話しを聞いていて思いましたが…
赤崎のイチゴの西尾さんも、大江ノ郷の小原さんもとてもいい方なんですよ。
お顔を見てすぐ分かります!
商品が美味しい上に、生産者の方の人柄が
販路拡大につながったり、協力を得る糧になったりするのでしょうね。

090221_1505~02
小原さん、ココガーデンをバックにポートレイト

今日はとてもすがすがしい取材でした。
イチゴもたまごも一筋縄ではいかない産物。
その苦悩を見せず、にこやかにお話しをしていただき、ありがとうございました

さて長距離走った取材も終わり、帰路につきます。
少し元気になったミスター

「帰りにラーメン食べよう!!」

ええ~~~~~~
昼にラーメン食べたばっかなのに…まだ4時だって

「北栄町においしいラーメン屋があるんだよ~

仕方ない…編集長のご命令とならば…ということで9号線を少し横道に

しかし…『定休日』


「じゃあ~、ピッコロちゃんオススメのたこ焼き屋へ~~

『すみません~5時で閉店です~~~』 と、お店のお姉さん…。

あらら…。ついてませんね


「じゃ~~~今度は赤崎のラーメン屋

もう引戻すのいやだよぉ~~と運転手のSanoちゃん


これは神様が「お腹が痛いんなら食べるの止めなさい」という忠告なんでしょうね。
おとなしく家に帰った取材班一行でありました~。

お土産のイチゴとたまご
これだけで栄養満点!!風邪もすぐ治ることでしょう
2009.02
21
(Sat)

イチゴと病人とラーメン 

2日前から、軽い腹痛が続いてます。
また寒くなったので冷え性が原因だとばかり…・・・。

さて、今日も取材です~。
松江からSanoちゃんとウサ子が早朝出発
米子のピッコロちゃんを迎えに行き、次にミスターの家へ行きます。

ミスターが車に乗り込むや否や…

「体調が悪い…」

… えっ、まだ風邪治ってないの~~~

今日は寛次郎の取材じゃないし…特効薬なしです!

朝一のピッコロちゃん・新シリーズのイチゴの取材は、ミスター…車の中でダウンでした。

090221_0927~02
赤崎のイチゴ農家・西尾さんの光り輝くイチゴに感動する私たち!
色形も良く、あま~い香りだけでイチゴの美味しさが分かります

090221_0927~01090221_0926~01
ピッコロちゃんとウサコ。大きいサイズ3Lのイチゴを食べさせてもらいました!
甘くて美味しい~~~。

ものづくり…このキラリはもちろん、工芸などいろいろありますが…
農業って究極のものづくりですね!!
頭が下がります。

さて、次の取材は鳥取市方面です
みどりちゃんはお子様の具合が悪いので、ここでおわかれ。
3人で鳥取へ向かいます。

「お腹の調子が悪くて、力が入らないんだよ~」 とミスター。

んん??お腹???
それって私の症状と同じじゃん。ミスターの風邪がうつったってこと??

「何いってんだよ~。みっち~の風邪菌だよ~~」

と、あくまでも人のせい

『車は密室だから、やめてよ~~ぉ~~』 とSanoちゃん。

もう手遅れかも…

しかし、食欲だけはあるミスター。

「ラーメン食べよう!ラーメン!!」

とたんに元気になったような…。本当に病人なのか??

090221_1151~01
鳥取の「鳥人」へ行きました。

昼前なのに、車がいっぱい。それに待ち時間あり!
お腹が不調だから、普通のラーメンにしよう~~ということでした。が…
食券を受け取ったら…

ラーメン3つ、やきめし1つ、ぎょうざ1つ。

え?やきめしとぎょうざって?? 誰が食べるの? ミスター病人恐るべし…です。

美味しいラーメンでしたが…
消化機能が弱っているミスター。
またもや調子が悪くなり…車でウダウダなのであります。

だから言ったこっちゃない

次の取材は大丈夫なのか???

 ~~~つづく~~~~


2009.02
20
(Fri)

17日追記 

ウサコさんご報告どうもです!
私からもご報告を(^^;



取材先に早めについたので、ミスターとつかの間のモーニング。

今日は寛次郎特集なので、ミスターは上機嫌。

ただ私はものすごく、プレッシャーなわけで・・・




ポートレイトの試写をミスターウサ子さんにお願い。

「オレ、丸いなぁ~ まずいなぁ~」

とミスター。まぁキラリノ食の取材は食べ続けですから
そうなりますよね。

ミスター曰くストレスらしいですが。。

考える為には頭に糖がいるんだよ~。
だからアイスクリームを3本食べるんだ・・・
っと前に言われてた。ん~それが原因では?





今日のライターさんは、島さん。
島さんがどうも、「もたいまさこ」さんとかぶってしょうがない。
島さんのほうがぜんぜんお若いと思うが、すごく役者な感じで
素敵なのです。


さて午後からはとうとうやってきました。
寛次郎の取材。
今日は、寛次郎の器が甲子園状態なのです。


またも、地雷原のど真ん中の私。

しかも、みっちーお姉さまもミスターも風邪で

病原体のど真ん中でもあるのです。

「あたし昨日38度の熱があって~」
「オレも熱は出ないんだけど、体全体が痛くてさ~」

っとお互いの症状を話し、結果「同じだね!」っとミスター


危険度120%なこの状況を、ボクは乗り切れるのか!?




ウサコさんの日記で書かれてたように
ミスターは写メにはまっておられまして、

「カヤノ君動かないで!」っとなるわけで、、、

ミスターにレンズを向けられているのもまた緊張。


ひさご家さんが終ったら今度は、とある茶室の撮影。



寛次郎の器に囲まれ、不敵な笑みを浮かべてるミスター。

どっかの大臣のように、いっちゃってます!

しかし、さすがミスター!ものすごく寛次郎に詳しい。

実は取材が始まった当初、本当に陶芸のみる目あるの~っと
半信半疑でしたが、ここまで来ると本物です。


上品な奥さんとお話して、至福な時を過ごすミスターとは
正反対な私の状況。

そんな和やかな状況を壊してはならない状況での撮影。



みっちーお姉さんも興味津々なご様子。



早く終って落ち着きてぇ~。。。

2009.02
18
(Wed)

私はトンボ 

今日は取材班が三手くらいに分かれて西と東へ各々取材に出かけました。

私は鳥取へ。
今日は鳥取銀行さんの記事広告の撮影でした。
おなじみミカンちゃんがカメラ担当です!

090218_1024~01
取材者は陶芸が趣味のご夫婦で、写真のように仲が良く、
かわいい(年上の方に向かって失礼ですが…)カットが撮れました!!

090218_2113~01
そして、ご主人が作られた、このマグカップをいただきました!
ありがとうございました

そのあと、ミカンちゃんは砂糖まいこさんと”日帰り散歩”の取材へ~~。
「河原」はどうだったのかな?
日帰り~楽しみにしてます。

そして、松江へトンボ帰りです~
夕方からミスターとSanoちゃんが我が家に来て物撮をするんです
松江にあるだんご屋萌音さんの「だんご」撮影でした。

時間が遅くなったので、保育園に通っているSanoちゃんの娘ちゃんも来て
我が家の娘たちに混ざってテレビを(笑)

下記の写真もミスターが撮影
Sanoちゃんが「アングル見て~」とミスターに言っているのにも関わらず、
ほのぼの光景の撮影を優先するミスター(笑)

090218_1859~01

ミスターのマイブーム…まだまだ続きそうです
2009.02
17
(Tue)

ミスターのマイブーム? 

普段、朝はバタバタしているので朝食をあまり取らないウサ子ですが、
今日はちょっと優雅に珈琲を飲み、食パンを一口かじったそのときです…

携帯の着信音の鐘の音が…ゴ~ンゴ~ン
表示された「ミスターX」の文字… 
ん~~嫌な予感が…
『今日は朝一で松江のパスタ店に取材だったな…』と思いながら電話に出ると…

「あのさ~カヤノがさぁ~ウサ子に取材に来てほしいって~」

『あの~~それはですね ミスターが怖いからそう言ってるんですよ

結局、一口食べた食パンを置いて、パスタ店に向かいました

090217_1030~01

今日は雪が降ったからか?ハット帽のミスター。連日お世話になっているライター・シマさん。
そして、プレッシャーBOYのカヤノくんです。

090217_1033~01090217_1106~01
090217_1035~01
パスタに合う焼きたてのパンをいただきました。
食パンを食べ損ねたので、幸せ!!

次は河井寛次郎特集の取材。安来のひさごやさんに行きました。
寛次郎の高価な器の撮影です。
ミスターにハッパかけられまくりのカヤノくん。

緊張する~~~」の連発。

そんな中、ミスターは「ウサ子の携帯貸して~、どうやって写真とるの??」
と楽しそうにパチパチとブログ用に撮影を始めるじゃ~あ~りませんか!

高価な器を前に緊張するカヤノくんは苦笑い(笑)
「ミスターが写真撮るなんて珍しいですね。
今に、オレが写真撮るからカヤノはいいよ~~とか言うんじゃないでしょうねぇ~」と(笑)


090217_1426~01090217_1429~01
(ミスター撮影) ウサ子は照明が器の上に倒れないように、ガッチリ持っているところです。

090217_1429~02090217_1432~01
(ミスター撮影) ライターみっちーさん。
風邪で昨日まで熱があったのに、和やかにお話を聞いてくださいました!

090217_1433~01
(ミスター撮影) 撮ったもの全部載せないと怒られそうなので(笑)

自分の携帯でも写せると思うんですけど…。
あとあと手間がかかるということで(笑)
ウサ子がアップさせていただきました~~
2009.02
16
(Mon)

玉子うどん 

昨日の日曜日、久しぶりに仕事もプライベートも予定がなく。
スッピンで一日、家の中で過ごしたウサ子です。

そんなグ~タラな日に

ピッコロちゃんから

「ウサ子さん~~。さっき取材先の美味しいイチゴをミスターに届けたら…
この世のものとは思えぬ状態でミスターが出てきて…
風邪、相当ひどいみたいですよぉ~~~」 と。

いやぁ~ピッコロちゃん、この世のものとは思えぬミスターの容貌は
仙人期間(編集期間)になったらイヤと言うほど見れます(笑)

そうしていると今度はカヤノくんからメールが

「なんでも鑑定団見てますか?松江で寛次郎のものがでましたよ~~」

慌ててテレビをつけたけど、すでに遅し…
250万の品物だったそうです。

250万か~~~。ということは、この前見せていただいたものは…
お~~怖っ。
カヤノくんに「今度の寛次郎の撮影がんばろ~~」と、これまたプレッシャーを


さてさて、今日は風邪引きミスターと同行取材でした。

自称「風邪を引かない男!」のミスターが風邪を引くとは…
相当強烈な風邪菌に違いありません!!

ミスターに会った瞬間、反射的に1メートル離れたのは言うまでもありません(笑)
でも、インフルエンザではないみたいですよ。
風邪回復のために、取材が終わってからみんなで
松江のそば清の「玉子うどん」を食べに行きました。

おいしかった~~~

皆さんも風邪に気をつけてくださいね。
そうそう、ピッコロちゃんのお子さんは今年に入って第2回目のインフルエンザの波が来たようで…。
大事にしてくださいね~~

2009.02
16
(Mon)

コブハクチョウさん 

やしきです。東京から帰ってきた後、先週末は松江にいました。
米子に帰って落ち着きました~。

カヤノさんの日記と鳥つながりで。

松江では、アメリカの大学に勤務する女性と1年ぶりに再会したのですが、彼女の一眼レフデジカメには、山陰の野鳥の姿がたくさん納められていました。ヒヨドリは英語で何て言うんだっけ?なんて頭をひねりながら、山陰で得た野鳥の知識をフル動員して質問に答えました。

さて、野鳥というよりは野良ではないかと思われますが、米子のみなさんにはお馴染みのコブハクチョウが今朝、家の近所の加茂川に来ていました。

コブハクチョウは渡り鳥ではないので、通年見られる鳥です。ものすごく人懐っこいです。川沿いのお宅の人に餌を投げてもらっていて、子供が喜んで見ていました。窓の外にハクチョウがいるなんて、素敵な環境ですよね。

swan

こちらは米子水鳥公園の野生のハクチョウさんたち。渡り鳥です。
P1080803.jpg
2009.02
15
(Sun)

ミスターでも風邪を引く 

利休


「ゴホン、ゴホン・・・」

後部座席に乗りこむミスターは少々えらそう。

「風邪ひいちゃったよ~」っと、、、お大事に。



昨日の撮影は鳥肉の加工会社の社内的な写真の撮影でした(キラリでない)

食肉加工というのは、結構においもしますし、生きているコケッコーを

一日に一万羽弱さばくわけですから、結構生々しい現場なわけです・・・。

こういう現場を経て、我々が美味しい料理を食べれるわけです。

この工場で働いていらっしゃる方がたに感謝と敬意をはらいつつ帰宅。

いつものようにコタツに入って、「腹へった~」と晩御飯を待っていると

「はーいできたよ~」っとお嫁さん。

食卓にでてきたのは、



「鳥鍋・・・」



なんでや!今日はタイミング悪すぎる!!

「悪い、今日は晩飯ええわ。。。」

「なんで

とケンカになるわけです。。。僕は悪くない・・・タイミングが悪いんじゃ!



気を取り直し、今日はまず倉吉方面で、寛次郎の特集関連の取材です。

とても良い感じの作品と工房で楽しかったです。

が、「器」の撮影は難しい・・・。

時間もかかりますし・・・(泣)

焦ると事故が起きかねませんので、ゆっくりゆっくり動きます。

利休

そんなこんなで、利休というお蕎麦屋さんでお昼ご飯。

利休

この辛味大根が超辛い!半端ないです!

まぁ~目も覚めて、安来へ向かいます。



みどりさんってなんでピッコロなんですか?

いや~正月に隕石か宇宙人が降りてきてさ~
それでピッコロも「緑」だし~

それでピッコロって名前付けられてるのは悲しすぎる。。。
ピッコロ=緑で「ピッコロ」なんだろうなっとは想像してましたが
何?隕石とか宇宙人とか・・・。

話が長くなるのでまた今度!



安来の取材先でミスターは寛次郎の作品を見るなり

風邪を引いてるの忘れるくらい

テンション↑↑↑

ミスターの具合が悪いときは、クスリではなく「寛次郎」を・・。

今回もミスターにかなりのプレッシャーをかけられまして・・・

気がおもーい。


というわけで、帰り際にミスターのおうちの前で、ポジの納品しましたが

いまだ連絡なし・・・。

気がおもーい。
2009.02
13
(Fri)

イタリア~ン 

ミカンちゃん、カヤノくん、アップありがとう~~

取材中盤です!
そろそろミスターはお疲れモード。

取材の帰りの車中だったのでしょう、電話がかかり…

「明日って取材あったっけ??」 と ミスター。

あります!! (キッパリ)」


『取材のアポ、1日3件入れないと発行、間に合わないよぉ~

と言っておきながら、取材疲れたモードのさっきの電話はどういうことでしょう(笑)


そんな中、昨日はイタリア~ンの取材でした。

Image065.jpg

取材同行のみどりさん改め、ピッコロちゃんが写メを届けてくれました~
(ピッコロもミスターが付けたあだ名です…)

「ミスターとSanoさんのやりとりがすごくてぇ~~

「ライターさんと和やかに話をしてたら「私語禁止」とミスターに叱られました~

など…etc 
取材現場に圧倒されたピッコロちゃんでした

みなさん、連日の取材、おつかれさまでした

Image064.jpgImage063.jpg

2009.02
12
(Thu)

プレッシャーの嵐! 



朝5時起床。

先日の撮影移動中にミスターが、ポツリと

「あのさ~かんべの白鳳の里に鶴がいるでしょ~」

「朝靄がかかってるところが撮れたらいいのになぁ~」

っとまるで私にに行けよ!と圧力をかけていらっしゃるよう。。。

まぁ、そういわれると弱いのですが・・・。

で、行きましたよ~!


因みに「安来の白鳥の里に白鳥がいるでしょ~」の間違えなのですが、あえてスルー。


今日は9時から安来市内の保育園の撮影だったので、まぁちょうど良かったのですが
ついたのは5時半!

意外に暗い。そして眠い。



夜景ですね・・・

ミスターが期待してるのとはちょっと違うと思いますが、まぁボク的には有りです。



夜が明けても白鳥さんたちも寝てますよ。
祝日ですからね!

しかも飛ばない・・・

その後安来市内をぐるぐると回りまして、パチパチ。

最近ミスターからのプレッシャーがすごい!

「寛次郎のうつわだからね!」

「ポジ写ってれば問題ないよ!」

「安来特集の写真はかなり重要だから!」

っとボクに重圧がかかるわけですよ~

毎日安来通いだぁ・・・。
2009.02
12
(Thu)

緊張とα波 

人は緊張から解放された時、一番癒されたと感じるらしい。

奥様はα波をアルファーファだと思ってるらしい…

朝一で保育園の発表会の撮影です。

園長先生の手品など皆さん和気藹々な感じで楽しそうです。

午後からはキラリ塩見さんのページの取材です。
取材前に編集長さまより人間国宝クラスの人や作品だからちゃんと撮ってねとプレッシャーが…

はじめは出雲織(かすり)作家さんの取材です。
和気藹々と雰囲気良さそうでした。



続いては河井寛次郎×塩見さんの取材です。

茶室に案内され薄茶をよばれました。

「今お飲みになられてるそのお茶碗、寛次郎先生のですよと奥様。」

やばい。

さわれん…



壊したらどうしよう…。
500万はする…

辺りを見回すと、さりげない香炉からみずさしまですべて寛次郎…この空間僕にとっては居心地悪すぎる。

一歩も動けません。



さっきまでストロボ立てたりしてたことが恐ろしくい。

みずさしは寛次郎の遺作つまり最後の作品だそうです。

ひとつわかったことは、寛次郎の作品は完成された芸術でありながら、一般家庭で気軽に楽しみ使える作品だということ。
ただ僕にとって寛次郎の作品がたくさんある空間は地雷原。



夜は寛次郎とミスターの緊張から解き放たれ、奥さんもいないし
さんぽう」で鳥ぞうすいでほっとし、お友達と和気藹々しました。

癒される~
2009.02
10
(Tue)

京都取材 

今日の取材はミスター、みっち~さん、Sanoちゃんで京都へ。
(ちなみに、「みっち~」もミスターが付けたあだ名です…汗)

河井寛次郎さんの特集の取材ですよ。

米子から京都まで車で4時間くらいです。
同じ山陰の津和野も4時間くらいかかりますから…とても京都が近く感じますね
しかし、4時間の運転は大変です!しかも日帰りです
「行きはSanoちゃんに運転お願いして、帰りは運転するよ~~」とミスター。
本当かな??

京都のSanoちゃんから写メが届きました!

CA340019_convert_20090211005958.jpg

取材先の十二段家さんです。
寛次郎さんも通われたお店で、しゃぶしゃぶや定食などがあります!

取材が終わり、せっかくの「京都祇園」なので、取材先で食事をとったようです~。

CA340025_convert_20090211010111.jpg

みっち~さん、ガツンガツンに食べておられます!!

CA340023_convert_20090211010032.jpg

お疲れのミスター・・・目の前にあるのはビール??

続けてSanoちゃんからメールが

『ミスターがやっぱりビール飲みました
            ってことは、帰りの運転は???』


Sanoちゃん~~~お疲れさま
撮影に運転・・・Sanoちゃんはやっぱりスーパーウーマンだ~~~

2009.02
09
(Mon)

安来取材 

やしきさん~ブログアップありがとうございます!
東京行脚は盛りだくさんで楽しそうですね~。

一方こちらは、毎日取材が入ってます


土曜日から3日間、塩見先生の連載「あなたに会いたくて」の取材です。
今日が最終日!お疲れが出てるころでは?

今回は安来特集。塩見先生も学生の頃に少しだけ住まわれていたそうです。

取材は、塩見先生とミスターと、カメラマンはカヤノくんとミカンちゃん。

私は土曜日の夕方に少し合流しました。

塩見先生とミスターの母子とも思える会話の受け答えは健在でした(笑)

それでも塩見先生、「ミスターは私に気を使ってるからストレス溜まってると思うわ~」と。

「そのストレスのはけ口は私にくるので大丈夫ですよ~~(笑)」とウサ子。 カヤノくん苦笑い(笑)

090207_1709~01

その日は袋物作家の青木さんのお宅に伺いました。
(一部です。素敵ですよ~~キラリをお楽しみに)

取材の後に、寛次郎さんも来られた茶室に入れてもらい、寛次郎さんの器でお茶をいただきました。

ミスターから「大事に扱ってよ!!!」と

私は器の良し悪しは分かりませんが、手に持ってしっくりくるものが好きです

貴重な体験、良かったです


カヤノくん、ミカンちゃん~~ブログアップよろしくね
2009.02
09
(Mon)

横浜中華街の春節を堪能しました 

屋敷です。日曜日は、横浜に行ってきました。
旧暦のお正月、春節を祝うイベントが開催されていて、獅子舞や龍舞、京劇、そして中国舞踊などの娯楽表演を堪能しました。

神戸市立兵庫商業高等学校龍獅團が演じる獅子舞と龍舞は、元気がよくて可愛らしかったです。帰ってきてからもずっと、頭の中にシンバルと太鼓のリズムが残っていました。

春らしい良い天気で、「写真が逆光で撮りづらい」という贅沢な愚痴が観客同士で交わされていました。

神戸市立兵庫商業高等学校龍獅團

横浜中華学校校友会国術団

スタンプラリーなどのイベントが併行していくつか開催されているので、娯楽表演の後、観客はそれぞれ自分が参加しているスタンプラリーの協賛店でお昼ご飯を食べたり、買い物をしたりと、1日中いても飽きない仕掛けになっています。

中国の獅子舞がこんなにカッコいいとは思いませんでした。今の時期の中華街はとてもオススメです!

横浜チャイナタウン「2009春節」
http://www.chinatown.or.jp/news/shunsetsu09/index.html

2009.02
08
(Sun)

屋敷です。米子市立山陰歴史館の1階の展示室に、全長1m余りの黒い琴、七絃琴(しちげんきん)があるのをご存知でしょうか?

現在一般展示されているのは、1767年に米子で生まれた田代元春(たしろ げんしゅん)という医師・国学者が作成したものです。あらゆる芸ごとをなし、古典や骨董を好み、自らも音楽を演奏する文化人で、趣味が高じたあまりに、なんと自分で七絃琴を作ってしまったのだそうです。

米子で七絃琴の研究をされている原 豊二さん(米子工業高等専門学校准教授)による、七絃琴を東アジアの歴史に関連づけた研究発表を、専修大学神田キャンパスで聞いてきました。

平成20年度 東アジア世界史研究センター 研究会
「東アジア世界における人・物の往来と管理」


原さんによると、『うつほ物語』をはじめとする文学作品に登場する人物と琴の関係や、琴の楽譜としての役割だけではなく音楽に関する哲学を残した書物を通じて、当時の人たちの世界観を浮かび上がらせることができるそうです。

日本海側の山陰地方では、東京にいるときに比べて東アジア地域を身近に感じることが多いです。 専門分野が異なる研究者の方々の発表を聞き、東アジアの文化と歴史に思いを馳せることができました。

※米子市立山陰歴史館には、このほかにも浦上玉堂(うらかみ ぎょくどう)作の七絃琴がありますが、こちらは、現在一般公開されていません。
IMG_0769[1]

七絃琴に関するシンポジウムが、2月28日に同志社大学で開催されるそうです。興味のある方はどうぞ。

「源氏物語と七絃琴」 京都シンポジウム
http://www.geocities.co.jp/Berkeley/5649/

2009.02
08
(Sun)

谷根千への旅の理由 

東京行きの直前に米子駅前の書店のカフェでご主人と雑談していたら、「そういえば(地域情報誌の)ヤネセンがなくなるんだって」と、聞き捨てならない言葉が出てきました。

マジですか・・・

ご主人が、入荷したばかりの本を出してきてくれました。
ベスト・オブ・谷根千―町のアーカイヴス

マジでした・・・

というわけで、東京に着いた後、普段降りたことのない上野駅で降りて、不忍池の周りを歩いてから不忍通りに出て、千駄木のほうへ向かいました。


大きな地図で見る

谷中銀座に着くやいなや武蔵屋豆腐店で買ったおぼろ豆腐(どんぶり容器にいっぱい入って220円!)を片手にぶら下げて、谷中銀座のすぐそばのホテルを尋ねました。部屋の清掃が済むのを(ジャコウネココーヒーの満満堂で)待ってからチェックインすると、預けた豆腐が冷蔵庫の中で私を待っていてくれました。コンビニで買ったお醤油をかけて食べましたが、おいしかったのは言うまでもありません。

団子坂の本郷図書館鴎外記念室が閉まっていたのが残念でしたが、同じく団子坂のおにぎり屋さん「米(まい)ど」で買ったおにぎりを持って須藤公園で食べたり、あめ細工のお店を覗いたり、「いせ辰」の和紙のデザインに見惚れたり・・・、1日ではとても足りません。

次回訪れたときには、文豪ゆかりの史跡などをじっくり見て歩きたいです。
2009.02
06
(Fri)

谷中に来ています 

今年からキラリのライターに加わった屋敷です。
今日は、東京都台東区の谷中に来ています。谷中銀座という商店街の近くに宿を取っていますが、見どころが多すぎて困っています!助けて!

午前中は、かわいらしい猫の置物につられて入った満満堂というコーヒー専門店で、コピ・ルアック(ジャコウネコ・コーヒー)を注文しました。
都心なら一杯5000円以上するけれど、谷中なら1800円。ソレデモタカイヨ・・・

「ジャコウネコの体内を通過して作られた」という製造の過程(?)を聞いて少しひるみましたが、美味しいコーヒーの誘惑には勝てません。

マスターには、焙煎する前の豆・焙煎した後の豆・挽いた後の豆の香りをかがせてもらって、飲む前から夢心地でした。

一口飲んでみて、鼻のほうに上がってくる香気のすばらしさに、うっとりしました!初めての体験です。飲み終わるまで、カップを鼻の下から離せませんでした。

最後にマスターが使い捨てマスクを差し出して、「マスクにいい香りが移りますので、帰ってから楽しんでください」という香りのテイクアウトをプレゼントしてくれました。
マスクをくれるコーヒー店にも、生まれて初めて出会いましたよ。

私の後から入ってきたお客さんが、「これあげるよ」と、無造作にヘアブラシをくれたのですが、なんと1967年のマックスファクターの販促用の商品でした。40年前の年代ものです。勢いでもらっちゃったけどありがとう!

下町育ちのマスターとお客さんは山陰に興味津々で、観光のポイントを教えて差し上げました。キラリの仕事をしていてよかったです。

店内は撮影禁止なので、残念ながら写真はありませんが、東京の下町ならではの親しみやすい雰囲気と、本格的な味がとても良い具合に調和したお店でした。

■満満堂
住所: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-15-4
電話番号: 03-3824-4800
営業時間: AM10:30~PM6:00(要問合せ)
定休日: 月曜休み(変動有)
URL: http://www.yanakaginza.com/koten/manmando/index.html




2009.02
04
(Wed)

ウサ子のひとり言 

2月に入り、スローペースですが取材をしてます。
来週からフル回転で取材ですよぉ~~~。

今日はその合間をぬって、ミスターを囲んで打ち合わせ!
○○カフェに集合でした。

私が到着したときに、Yさんがカフェに入らずに待っていたので

「中で待っててもらってよかったのに~~」と言ったら…

「カフェの人に『注文がまだなら入らないでください』と、言われて…」

ええ~~~。そんなカフェってどうなの?
親方商売(死語?)だ~~~と言いたい放題。

そんなこと言ってた私たちは、各1杯の珈琲と1枚のワッフルを皆で割り、
4時間もちゃっかり長居しました(笑)

居座った上に、レジのお姉さんに「ケーキおいしくなかったよ!」とミスターがポツリ。

言わなきゃ分からないこともありますからね!

○○カフェは高級志向のホテル内にあるので、県外のお客ももちろん多いはず!
なので、ガッカリは倍増でした。
山陰のレベルが疑われますよね(汗)

山陰の良さをうっているキラリとしては淋しい出来事です…

2009.02
04
(Wed)

清き一票を! 

こんにちは。ウサ子です

この前の古民家のTVを見て感動した皆さん~。
お願いがあります(笑)

「ストップ温暖化 一村一品 大作戦」で
N氏の古民家研究会の活動がノミネートされてます!

   みなさんの一票をください~  (2月11日まで)
http://www.jccca.org/daisakusen/taikai/entry.php
           クリック


この前の番組を見てない方は
山陰中央テレビ 2月7日(土) 11:30~ をご覧ください。

田舎の宝物大発見です!!
 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク