• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
13
(Sun)

みどりさん倉吉方面へ 

みどりさんとおすぎ、今日は早朝から
「今日はどちらへ?みどりさん」の取材で
米子から倉吉方面へ。ブーーン。

どこかの国の言い回し(ことわざ?)で、
わたしの好きな言葉「キャベツから王様」の通り、
あらゆる種類のお喋りをしているうちに、あっと
いう間に最初の目的地、名和町にあるスポーツ
トレーニングセンターへ到着。

このセンターには設備の整った調理場があって、
そこで地元のおばちゃんたちが造っている”ある
食べもの”を取材するためにやってきました。
これは誌面で楽しんでいただきたいので、内緒。

ほくほくで取材が終わり、次の目的地へ。

途中、大山乳業の工場を通り過ぎたとき、パチッと
みどりさんにスイッチが!

「あーーー!おすぎちゃん!ここに寄っていい!?
 寄るね!!」

と車をUターンさせて施設内にある白ばらショップへ。
そこでバームクーヘンやクッキーやバターケーキを
あれこれ試食。ふたりともみどりさん絶賛のロール
ケーキをゲット。

そしてみどりさん、ロールケーキの製造過程が見れる
工場の窓に走り寄って…

midorisan4.jpg

うっとり。中で働く従業員さんに手まで降ってました。
…かわいい。「ねー、あの切り落としたケーキの端切れ
捨てちゃうのかなー。…ああーー!やっぱり捨ててる!
もったいなーいい!!欲しーい!!」

midorisan3.jpg

窓にへばりつくあやしい女ふたりを不振に思ったのか
外に出てきた従業員さんに、ロールケーキへの熱い想いを
語るみどりさん。にこやかに対応してくださった中西さん。
ありがとうございました。

時間がたっぷりあるので、前回の特集で紹介させて
いただいた、琴浦町にあるたい焼き屋さん
「もちもちの木」さんへ。

midorisan1.jpg

相変わらずにこにこ笑顔のリカコさん。ふだんから
仲良しのおふたりをパチリ。リカコさんのお母さま、
操子さんも顔を出してくださった。
大判焼きやたい焼きを注文して、ご近所の旅路さんへ。

軽食喫茶「旅路」さんも、前回の取材でお世話になりました。
軽い腹ごなしに、わたしたちの大好きなミックスサンドを
オーダー。見回すと、見覚えのある常連さんがちらほら。
やっぱり地元に愛されてるお店は良いですね。

midorisan2.jpg

なんだか親子みたいです。オーナーの芳江さんとパチリ。

リカコさん芳江さん本当にありがとうございます。
また寄りまーす!

注文していた大判焼きやらをゲットして、つぎの取材先、
倉吉のとあるお店へ。こちらもここでは内緒。
とてもとても良いお店でした。わたし、記事を書くのに
気合いがさらに入りましたよ。

帰り道、名和町のみくりや駅舎へ。

ここの「みくりや市」で、今日いちばんの取材でお世話に
なったおばちゃんたちに遭遇。センターでの仕事を終え
のんびり珈琲を飲んでいたところでした。

midorisan5.jpg

左が角田澄子さん、右が小林和子さん。この方々の取材も
すごく楽しかったですよー(さらに気合い!)。

こちらではみどりさん、本州ではめずらしい安納芋をゲット。
わたしは大好きなかき餅をゲット。
ふたりとも取材先でも大量に買い物をし、いただきものも
多かったので、この頃には車の座席下は、買い物袋満載に…。

みどりさんはいつも、ゲットした大量の「美味しいもの」を
ふだんお世話になってる方や親しい方に配ってまわります。
「美味しいものは、みんなでいただくともっと美味っしい!」
これきっとみどりさんのポリシーですね。しみじみ。

雪が降るなか、おすそわけにミスターXのいる米子の事務所へ。

midorisan6.jpg

ミスター、今日はなんだか、坂本龍一…。
けしてきれいとは言えないカット(わたしの仕業)の
ロールケーキを写真に撮っている教授。教授が撮った
写真は前々回のブログで観れます。


みどりさんとおすぎの不思議コンビがお届けする
「今日はどちらへ?みどりさん」、春号もお楽しみに!
なんだか渋くて香ばしい内容になりそうですよー。
スポンサーサイト
2011.01
13
(Thu)

健康キラリ★ 

また雪が降ってきました。この冬の山陰は見事な雪雪雪。

こんな寒い夜ですが、キラリ米子部員は弓ケ浜展望台近くの
韓国食堂さんに集まって新年会でした。
といってもミスターXこと編集長Oさんと企画のみどりさんと
わたしosugiの3人。あめんぼさんはこの天候で大山から
降りれず欠席。残念。雪、大丈夫ですかーー!?
美味しいサムゲタンにチヂミとビールで、キラリについての
あれこれを語りました。

そういえば、ちょうど韓国食堂さんに向かっている最中
松江のとあるフレンチのシェフから電話が。
「キラリ20号で◯○寿司紹介してたでしょ。あそこ本当に
 美味しいよね~(うっとり)…じゃあね」と、それだけ!?
の電話でしたが、最新号のお寿司特集にヤラれた方々は
けっこう多いようです。わたしは女子ですけど、なんとなく
お寿司は男が握って男が食べるのが様になる食べもののように
思います。うふふふ。

O編集長
         ↑
いつも自ら鬼のようにblogアップをしているのに、滅多に
顔出しをしないミスターX氏。この「さんいんキラリ」を
寿命を削って作ってます。「俺って性格悪いからさー」と
よく自分でおっしゃってますが、そうでもないですよー
けっこういいひとです。写真がミスターマリックみたい。

Midorisan
         ↑
企画営業の”どすこい”みどりさん。全然どすこいじゃなーい。
みどりさんはいつもひょうひょうとした美人さんですが、
かなりのぶっとびキャラです。なんだか写真が「受胎告知」。

このおふたり、戦慄するほど多忙な毎日を送っておられます。
キラリ2011年の目標は「健康!そして死なないこと」ですよ!
2010.10
25
(Mon)

今日はどちらへ?みどりさん 

先日、みどりさんと2人で、次号から新しくはじまる連載の
取材に行きました。

”美味しいもののためならどこまでも!”なみどりさんが
一押しする山陰のあちらこちらを、主にイラストと写真で
ご紹介していく新しい連載。

今までささやか~なイラストでキラリに参加していたosugiですが
今回はイラストのみならず、文章も写真もレイアウトも担当という
ことで、まったくどうなることやらです。ははは。

それはさておき、連載第一回目の取材先は、鳥取市のほぼ真ん中、
琴浦町にあるたい焼き屋さん「もちもちの木」さんと、軽食喫茶
「旅路」さんに伺いました。

これがとても楽しい取材でした。琴浦町いいですね。わたし大好きに
なりましたよ。取材先の方々みなさん良いひとばかりで、あたたかい
おもてなしを受けました。

kirari4.jpg

ご自宅の一角にある「もちもちの木」さんでは、お庭にある茶室で
お茶とお菓子を頂きました。点てて下さったのは、店主の理可子さんの
お母さま、操子さん。手前はお茶指導を受けるみどりさん。

それにしても、みどりさんの「食」に対する情熱は、わたしの想像を
はるかに上回ってました。道中通り過ぎる名和町に”とても美味しい
油揚げがある。それはみくりや駅の駅舎でしか販売されていない”と
いうのを聞きつけたみどりさん。さっそく取材前に寄ってみたところ
駅舎の「みくりや市」はまだ開店前。めげないみどりさんはムリヤリ
入口のガラス戸をこじ開け、「何時に油揚げは買えますか!?」と、
店員のおばちゃんに詰め寄ってました。

その後も、みくりや駅の前にある小さな古い中華屋さんが気になって
仕方がないようで、「osugiちゃん、あそこの前まで行くと美味しい
そうな油のにおいがするんだけど、osugiちゃんもちょっと嗅いできて」
と指令が。「わかりました!」とさっそくわたしも嗅ぎに。
「…う~ん。なんか汗のにおいがします」とのわたしの報告に
「あれ~おかしいなあ」と首をかしげるみどりさん。
わたしたち、たぶんちょっとヘンですって。

油揚げは帰りに無事に買うことができました。みどりさんは
ほくほくで6袋おとな買いしてました。う~ん、さすがだわ。

そんなこんなの初取材。詳しくは次号キラリでお楽しみください。

追伸
わたしもその油揚げを炙っておろししょうがで食べましたが
ホント美味しかった!もちろんビールといっしょにね。至福。




 | ホーム | 
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。