• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06
21
(Sat)

【告知】ソウゾウのちから展 

玉井詞さん主催のアトリエの子供たちの絵画展
「ソウゾウのちから展」が
7月18日から米子市美術館で開催されます。

この春頃、各地で出没したダイオウイカは、
「おもったより小さいなー」と感じていましたが、
「ああ、ダイオウイカとは、これくらい!クジラよりもでかい!
これこそダイオウイカ〜!」と感動を覚えました。

みなさんも是非、お子さんを連れて、見に行ってください!!

表2014ol
スポンサーサイト
2014.04
14
(Mon)

編集後記☆竹田城 

山陰から飛び出して中・四国の城をめぐる、
大人の終日(ひねもす)キラリ旅。
4回目の今回は雲海で有名な

日本のマチュピチュ「竹田城」へ!

雲海が出る時期は
9月下旬〜4月上旬の早朝。時間は明け方から午前8時頃まで。

条件は
●よく晴れていること
●朝方と日中の気温の差が大きいこと
●風が弱いこと


取材日は雪の降り積もった、天気のよい日で、
萱野くんがすてきな写真をとってくれました。
本誌では紹介しきれなかったので、
グログで紹介。

写真スポットの立雲峡から、竹田城のある古城山を見下ろす。

F37A4502.jpg

雪の竹田城も幻想的です。
その下を流れる円山川から、雲海が発生するそうです


C99W3947 (1)

雲海の名残が少し見られます。。。

C99W3893.jpg


秋口は、ものすごくたくさんの人が登られるので、
冬に取材に行ってかえってよかったのかもしれません。
春には桜、夏には新緑、など季節を通じていろいろな表情が楽しめるので
みなさん、お好きな季節に行ってみてください。。。


2013.12
05
(Thu)

キラリ秋冬号 ちらり 

読者のみなさまこんにちは。
秋冬号、もうまもなく発売です。

今回の食の特集は
古民家レストラン

古民家はその使用目的や
時代などによって建築様式は様々。

時を重ね、リノベーションされた古民家は
新しさと古さが隣り合う心癒される空間です。
先人の温かな手仕事に触れながらいただける
おもてなし料理の店を厳選してご紹介します。

k29_18_19tobira.jpg
2013.07
18
(Thu)

キラリ夏号 ちょっと紹介 

こんにちは。
毎日暑い日が続きます。
標高400mのアメンボ家でも、日中はやっぱり暑いです。
でも、朝晩は冷えます。
(特に足元が・・・それは別の理由・・・?)

やっぱり暑い時には避暑ですよね。
アメンボ家も十分避暑地ですが、
今回のキラリの食特集は涼をもとめて
山奥へ・・・。

大江ノ郷ココガーデンもその1つ。
あんな山奥なのに、平日なのに、
店内は、県内外のお客さんでいっぱいです。

このパンケーキ。ほんと、おいしいですよ。
私は「ちびくろさんぼ」のトラのバターのかかったホットケーキを思い出しました。

あああ、トラのバターもこんな感じでとろけてましたよ。私の頭の中で。

2013_06_04__059.jpg
2013.07
13
(Sat)

キラリ夏号 只今制作中 

ご無沙汰しております。
キラリ夏号は只今必死に制作中です。

今回の食は、予告では古民家レストラン・・・
とか何とか書いてありましたが、
結局は涼しいところにでかけることにしました。
例えば鮎とか・・・
お楽しみに♪

美加登家B
2012.12
27
(Thu)

由志園さんに牡丹壁画 




121223_170812.jpg

大根島・由志園さんに新しい牡丹売り場がオープン。
23日のプレオープンに行ってきました。
その壁画を手掛けるのは、木村英輝氏。
東日本大震災の復興支援に感謝する観光庁
「Japan. Thank You.」キャンペーンのデザイナーで、
現在、NEW23クロス (TBS)の空間演出を担当。
その木村氏のライブペインティングとトークショーが行われました。


壁画ができるまでの様子は由志園さんのホームページより
http://www.yuushien.com/yuushien/wordpress/?p=362

通常春に大輪の花を咲かせる牡丹の花が
ここでは一年中買うことができるという、
日本初?世界初の牡丹ショップです。

お正月飾り用やお年賀にも最適!!。

ホンモノの牡丹の美しさとポップアートの世界が楽しめるのもいいですね。


2012.07
31
(Tue)

キラリ夏号★涼を誘う食処 

みなさま、こんにちは。
キラリ★食担当(?)のアメンボです。

毎日暑い日が続きますが、
キラリ夏号では

涼を誘う食処

を6件ご紹介しています。


梅雨以降も格別雨が降らず暑い日が続いていますから、
避暑にお出かけになるといいですね〜。

6件とも山奥です。山奥の水辺です。
そのうちの1件、
鳥取県の河原にある菊乃家さんです。


kiku_046.jpg


こちらでいただけるのは
竿釣りによる天然鮎料理


菊乃屋B

菊乃家さんのもう一つの看板、鰻

菊乃屋C


みなさま、土用には鰻を食べられましたか?
今年は、家族みんながお腹いっぱい食べるほど
購入するには二の足を踏む、鰻の高さ・・・!

しかし、アメンボ家では、
妹のダンナ様が宍道湖漁師という
特殊なご職業の恩恵にあずかり、
宍道湖産、天然鰻をいただきました〜〜。

さすがのアメンボも鰻はさばいたことがないので
もちろん既に調理済みのものを。

ただ、せっかくの天然モノをアメンボの温め技術により
台無しにしてはいなかっただろうか・・・。

どうせならお店で、一番おいしい状態で
鮎も鰻もいただきたいですね〜。

2011.11
18
(Fri)

大山歳時記 

おひさしぶりです。アメンボです。

標高400m、大山の麓の暮らしぶりを報告しまーす



IMG_3029.jpg

庭のナンテンの葉も赤く色づき・・・

IMG_3027.jpg

むかごもたくさん。
庭の柿の葉も全て落ち、
あ~、そろそろ冬だな~と秋の名残を惜しんでいると・・・

ボスから指令が!

「撮影に使う赤いモミジをとってこい!」

…大山だからいくらでも真っ赤なヤツがあると思っているボス

しかし、遠目でみて真っ赤なモミジも、山の中を分け入り
近づいてみると、、、う~ん、ボロボロ、、、キレイじゃないな~

とあっちこっちの山に分け入り



もしかして、空ペンション&空別荘地帯にいいモミジがあるのでは???

と散策していると

「植木盗難事件調査中」

の看板が・・・

ああ、まずいまずい。根こそぎ取る気はさらさらないけど、
実際パトカーに遭遇してドキドキ。
何しろ山から獲ったモミジを沢山車に積んでいますから。。。
物的証拠が・・・。

「これは、自分ちの山からとったんです!」
と、職務質問をされた時のいい訳を考えてみたり・・・。

そんな苦労を知ってか知らずか、

3回も

モミジ狩り指令を出すボス。

そんなこんなで、やっと取材撮影が終わり、
ちゃっちゃか編集・制作をしなければならない時期となりました。

さて、これが何だかわかります?

IMG_3023.jpg

川の流れを利用して・・・

IMG_3024.jpg


里芋の皮をキレイにはぐ道具です。(竹製)

IMG_3018.jpg


川の流れでガラガラやっていると
小一時間くらいで
直径1cmの里芋もきれーに皮が剥げるのです。

毎年、カワハギがめんどうで
小さいヤツは全部、牛の餌と化していましたが、
こんな便利な道具があったとは!

IMG_3030.jpg



いただきます。



2011.06
27
(Mon)

スパイス!! ハッピーらいふ 

こんにちは アメンボです。

庭からはじまるハッピーらいふ
放送日程が決まりました~

日本海テレビの情報番組
スパイス!!

7月9日土曜日朝9時25分~
放送です!

ozIMG_3089.jpg


今回は
ハーブの寄せ植え

お楽しみに♪



2011.06
24
(Fri)
こんにちは アメンボです。

オズガーデンさんの取材を終え、
次は大江の郷さんに向います。

201106221719001.jpg

撮影終了後にお店の中のカフェでお茶タイム

アメンボが注文したのは
キラリ20号で紹介した

半熟フロマージュ♡

昨年秋に発売したばかりの新商品です。

濃厚なのに爽やかな、
やさしい味のフロマージュ。



IMG_9130.jpg


ooeno_7852.jpg

大江の郷自然牧場
ココガーデン 
住所/八頭郡八頭町橋本877
電話/0120・505・606
http://www.oenosato.com/

16_96-ooe_8727.jpg

そもそもこのこだわりの卵からつくられる
スイーツなので、おいしいはずです!

このこだわりの卵は

天美卵

1パック680円と
節約主婦には少々手を出しにくいお値段ですが、
ご年配のお客様の感想では
「昔、ウチで飼っていたニワトリの卵の味がするような、
懐かしい味」と再注文されるそうです

201106221549000.jpg

実は今日の撮影場所は
お店の方ではなく、
この卵を産んでいらっしゃる
コッコちゃんたちがたくさんいる
智頭の山奥の鶏舎

ココガーデンからさらに車で40分・・・

地図にもナビにも出ていない、
アメンボ一人ではもう二度とたどり着けないだろう場所へ。

写真5

コッコちゃん!
切り抜き用の写真撮りますよ!


衛生管理上、地面にはおろしてあげられないそうで、

鷹匠!?

さながらのコッコさばきをされているのが
飼育係の松岡さん!

今日はありがとうございました!

外撮影なのに雨がパラパラと落ち出し、
ブログ用の写真を取り忘れ・・・
今日はこれにて終了~。




 | ホーム |  »
あたらしい記事
Twitter
ご訪問ありがとう
投稿しているひと
さんいんキラリって?

 さんいんキラリ

Author: さんいんキラリ
山陰から発信する季刊誌
「さんいんキラリ」のメンバーが、
山陰の魅力、そして取材の話、
うらばなしを綴っています。

この日記の主な管理と、
お世話係は
’アメンボ ’がしています。
よろしくおねがいします。

コメント
むかしの記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。